【品川駅からの自由席考察】 No.4707

【品川駅からの自由席考察】

16時20分から1500mを走り、ダウンもせずにシャワーを浴びて帰途につく。



検討すべき点として

 新幹線の自由席に座るには東京駅まで戻ったほうがいいのか?

ここでも神様は女神を私達に遣わしてくれて、

駒沢公園から東急の駅に向けて歩いている目の前に伴走仲間のお姉さん。

 ”そんなの大丈夫だよ。品川から乗れるよ。”

と心強いアドバイスをいただき品川駅に向かう。



改札を通って、弁当と飲み物を買い、23,24号線ホームに向かう。



最初は

 ”新大阪止まりがいいな”

という事で

 ひかり 新大阪行き

に10番目くらいで並ぶ。

列車が来ると混んでるのだ。

すでにデッキに人が立っている。

私達は速攻で乗るのをあきらめ

“一号車の先頭に行きましょう。”

という思い付きを実行し、一号車の先頭、トップに並びなおす。

新幹線が来るのは10分後

その前に隣のホームに

 のぞみ 博多行き

が着たので覗いてみたら、これまた混んでいる。

席が開いてても一つのみ

並んでお弁当を食べる事はかなわないのか。

東京駅では自由席にも山の様に人が並んでいるのではないか、

私達はひょっとして座れないのか、という想像が頭の中を渦巻く。

ちょっとドキドキしながら待っていたら次に来た

 のぞみ 広島行き

は、空いていた。

3列シートがいくつもまるまる空席で私達を待っていてくれた。

ありがとう。 助かった。

席に座り、一服して、おいしいお弁当を前に乾杯しました。







落ち着いて考えるに

 ひかり 新大阪行き

熱海、静岡、岐阜羽島、米原と その駅で降りたい人たちがピンポイントで

乗っている。

同様に

 のぞみ 博多行き

にも

広島以降の新山口、北九州駅で降りたい人たちが狙って乗っている

のかもしれないなあ、という話になりました。



もう、ドキドキしたよ。素晴らしい経験を積んで、また一つ賢くなりました。





コメントを残す