【転がる人生】 No.4852

【転がる人生】

土曜日は大泉緑地でF永さんと4:45で30km

ペースが遅くても足にはしっかり来るなあ、

日曜日の練習はどうしようと考えて、感じて

日曜日は長居で4:15で20km走ろうと決めました。



スタートしたものの、1km過ぎて左足靴紐がほどけている。

ほぼ同じタイミングで後ろの片にも指摘され、

 おーおー、と路肩で靴紐を結びなおす。

4:15列車は行ってしまった。 追いかけ、追いつく気力はない。

次来る4:30列車で20km踏むかとjogしながら待つ。

4:30列車の最後尾に乗車

やっぱりちょっと楽すぎるのではないと思いながら

 ”我慢我慢”と自分に言い聞かせて進む。

6kmで磐石のはずのペーサーが抜け、

おせっかいにも先頭に出てペーサーの振りをする。

その後ろには世界のWだっち

その伴走の方も不調な様子で、9km過ぎてから伴走を引き継ぐ。

Wだっちの今日の練習が4:30で30km + 15分jogで2時間30分走り続ける事

だそうで、私も腹を括ってお伴する事にした。



お陰様で大阪2週間前のこの時期に大ポイント練習ができた。

二日で緩く60km

さあ、ここからどのように調整すべきか。

どこで一度ズームフライを履くか。

小出さんの本とにらめっこし、自分の身体と相談しながら調整します。







コメントを残す