【悩んでいるのはもったいない】 No.4871

【悩んでいるのはもったいない】

私の悩みの一つがナイキズームフライとの付き合い方

アシックスとは明らかにフィーリングが違うし、

ちょっと小さいような氣もするし、

私としても安い買い物ではなかったので処遇に困る。

で、判断できるほどにちゃんとしたペースで走ったことがなかった。



先日初めてズームフライで10km40分で走り、感じたことがいくつか。

5km過ぎから左太腿前の筋肉痛を感じる。 なんでさー。

10kmで走り終えて、逆回りでjogしつつ走り方を確認

しっかりと踏み込んだ時の反動に(クッションの早い跳ね返りに)

太腿の筋肉が驚いている様子。

スクワットで強化できる部分なので補強しつつ、その晩は湿布を貼って寝る。

少しずつ速いペースで走れる距離を伸ばして、

加古川マラソンまでに40km走れればよいかな。

明日は4:15で20km以上走れればよしとしましょう。もし30km走れれば万々歳だ。

けど無理はしない。

とりあえずその後姫路まではその後に考えます。







 という事を ”決断” した。



“決”めて”断”つ。

決めた、決めた。 もう悩みません。







ズームフライで走り、足が痛いな、誰かに譲ろうかな、

26.5cmと27cmと交換してくれる人なんていないよな、

ヤフオクなどに出したらちょっと高く売れるのかな、どうやってやるの、

身近な人に話して、安く譲るとしたら2000円かな、3000円かな

などと、走りながら、グルグルグルグル悩んでいた。

数多くの選択肢を思いついてはお手玉のようにグルグル回し解決には至らない。

絶えず気になり、かなりのエネルギーを消費している。

あー、いやだ。疲れる。



なので、 ”決断” した。

“決”めて”断”ったので、もう悩みません。

決めたよー。 かなり楽になりました。



これだけ悩むのも、ターサーとは違い違和感が大きいから。

違和感を感じずに走れる事も楽だがこの違和感を成長へのステップと感じ、

ズームフライに身体を馴染ませて大迫選手や設楽選手のように走れるようになります。

福岡マラソンは録画してナイキの靴を履いている人の走り方を観察しよう。



 悩まない、決めてしまうっていう事は楽ね。





コメントを残す