カテゴリー別アーカイブ: 親父からの働きかけ

【物語を生む写真】 No.4404

【物語を生む写真】

宮津遠征 無事に帰ってきました。

お天気にも恵まれて、宮津でこんだけ暑かったら、大阪はどんだけ熱いねん、

というくらいの暑さでした。

今回私はなんちゃってカメラマンをやろうとカメラを持っていきました。

その中でのベストショットはこの2枚

DSCN0097

DSCN0098







子ども達は親元を離れ1泊2日

貴重な経験を山ほどしました。

この写真も会話のきっかけになれば、嬉しいな。





【幸せは何にも感じない】 No.4378

【幸せは何にも感じない】

先週の金曜日は蒸し暑かった。

土曜日から夏になり、
月曜日も暑い。

協力会社の方のフロアのエアコンの室外機が故障で
エアコンをONにしても送風のみだった。

土曜日に修理が入り
今日は正しく動いているはず。

外が暑いから正常に動いていると喜んでいるかな、
と思って訊きに行くと
“そういえばちゃんと動いているような氣がしますねぇー。”
という気のない返事

修理がうまくいかず相変わらず送風のみであれば
不満タラタラ汗ダクダクだったのでしょうが、
普通に涼しければ何とも思わない。





幸せって、今の状況をどう感じるかですよね。

目を瞑って自分に問いかけてみよう。

 ”なぜ私はこんなに幸せなのだろう”





【子どもをのせる】 No.4326

【子どもをのせる】

昨夜の長居ウィンド

私達と共に走りたそうにしている子ども達を発見

私は本に熱中しすぎて気が付けば長居駅の扉が閉まり、出遅れの4:30最後尾



“がんばれよ”と声をかけ、ついておいでとジェスチャー

走りながら

 ”君達はサッカー小僧か?”

 ”いや、野球 これどんな速さ?”

 ”1km4分30秒で走ってるねん。マラソンの練習や。”

 ”ひょえー、はやい。”

 ”プールの入り口まで走ったら1kmやから、そこまでがんばり。”

脱落する子もいましたが、2人は更にペースを上げ、

時計台にゴールする頃には我々の集団を抜き去っていました。







興味がある子たちに対して、更に子ども達を引き込むのは

周りで氣がついた大人の役目ですよね。

私達の人生でもそうだけど、

子ども達の人生なんて、どこでどうなって何で自信をつけて

どう転がるかなんて、自分自身ですらわからない。

子どもの時の方が、可能性の範囲が広いと思うのです。

 積極的に子どもに関わっていきたいなあ。



周りでそんな子に氣が付いたら、うまく子ども達をのせてあげてね。





【備えよう】 No.4305

【備えよう】

九州で地震が続いています。

大きな余震が止らない。



社会、理科で習った中央構造線が頭の中に浮かびます。



昨日は水とカロリーメイトを買いました。

携帯の充電もした。(滅多に持ち歩かないが)



確率が低くても起こるときは起こる。

確率が低いからといって起こるときに弱いわけではない。



 充分に備えましょう。





【原付デビュー】 No.4297

【原付デビュー】

原付デビュー?! だれの?

うちの長男です。

車の免許を取って、原付の免許もおまけでついてきました。

8km離れた実家に餃子を作り、食べに行くツアーに原付で行くと言うのです。



素晴らしいいい機会じゃん。

原付講習会を兼ねる事にしました。



まず駐輪場でエンジンのかけ方を教える。 ウィンカーの出し方も教える。

一度アクセルを回しすぎて ブワーンとなりましたが特に問題ない。

エンジンかけて

“メーター見て、なにか氣が付けへんか。”

“おお、ガソリンがない。”

“よし、ガソリン入れに行こう。”

100m横のガソリンスタンドまで移動

ガソリンの入れ方はガソリンスタンドの案内板が教えてくれる。

最後ちょびちょび足す時に、なぜかボバッと出て

火の氣があれば危ないレベルでしたが、

今も無事に生きているのでOKとしましょう。



私はママチャリで先導

“エンジンかけて追いかけて来いよ。”

“わかった。”

30秒、1分経ってもガソリンスタンドから出てこない。

“あれ?”

と思って戻ってみたら、

“エンジンかからへん。”

と押して出てきました。

“左手はブレーキかけながらじゃないと、セルが動かへんねん。”

“おお、そうやった。”



ガソリン溢れといい、エンジンかからない件といいこれだけ

自分で失敗するとちゃんと学ぶでしょう。

 経験の力ってすごいね。



実家まで無事到着し、まずは安全、無事故でデビューを飾れた事を祝い

ハイタッチしました。



私がママチャリで原付の前を先導し、

左折、右折、ブレーキなどを手で合図する

甘い親だと思いますが、デビューさえ飾れれば、

後は自信を持って羽ばたいてくれると信じています。



実家で車を借りて長男運転で一時間のドライブもした。



 もう一人前やで。 私の伝えられる事の少なさを少し寂しく感じながらも

子どもの成長をしみじみと味わっています。





【ランナーの声】 No.4225

【ランナーの声】

私は走っている間、お話している割合が多い。

最近話題になるのは、”長居ウィンド”改善の件

もう、人が多すぎてスタートに時間がかかり、

キロ5分以降のランナーが走る前にすでにトップ集団は1周していたり、

スタートが遅くなるためにせめて17kmは走りたいのに14kmしか走れないとか、

いろいろな思いを持っている方がいらっしゃいます。



私としては何ができるか?

私案としては5分以降はスタート地点をちょっと場所変えて、

19時10分から5分、5分15秒、5分30秒、5分45秒、6分チームは

順次スタートしたらいいのではないかな。

キロ5分以降のの記録する板に

 ”キロ5分チームは19時10分どこどこからスタートします。”

って書いて告知して、今から1年かけてやれば

来期のマラソンシーズンには、トップチームとキロ5分以降チームが

並行してスタートできるようになればベターなのではないかな。



これはあくまでも私の意見

大阪、近畿、日本、世界に誇る素晴らしい練習会がこんな身近にあるのだ。

皆の意見を出し合って、よりよい練習会になれば嬉しいなあ。



【あなたが幸福になるのなら】 No.4141

【あなたが幸福になるのなら】

「もしそうすることであなたが幸福になるのならそうすればいいと思います」

という文章に出会った。

まさにそのとおり。

責任は本人にある。私がその結果に対しての責任を感じる事もない。

まさにそのとおり。 フムフム。

と、思って読んでいたら、実際にそのような状況が起こるのだな。

で、

“もしそうすることであなたが幸福になるのなら、そうすればいいと思います”

とは、よう言わない。

“先に約束していたのだから、そっちを守ろうよ。”

と言ってしまう。

 修行が足らんなあ。

今日もチャンスがある。 もう一度話をしてみます。

感謝の勝手紹介
今読んでいるのは、この本
〈からだ〉の声を聞きなさい リズ・ブルボー

【送料無料選択可!】〈からだ〉の声を聞きなさい あなたの中のスピリチュアルな友人 / 原タイトル:ECOUTE TON CORPS 原著改訂版の翻訳[本/雑誌] (単行本・ムック) / リズ・ブルボー/著 浅岡夢二/訳

【カープ 共に頑張ろう】 No.4095

【カープ 共に頑張ろう】

審判が誤審を認め、実はホームランだった、という当たりがある。

その試合は阪神と広島が2-2で引き分けた。

2-3でカープが勝ったかもしれないのに。

広島の元オーナーは、

“これでウチが優勝でけんかったら、どうするんよ”

と審判団に噛み付いた。

ファンの心境はいかばかりか。

阪神ファンではあるが、カープも好き、アンチ巨人の私としては

記録も変えて 2-3でカープの勝ちにしてほしいくらいだ。

 Number878号 黒田博樹とカープの伝説

を読んだから、なおさらそう思うのかもしれない。

黒田の粘りの投球、新井ちゃんのハッスルプレー、

外人のエルドレッドが絡んでの重盗で1点取れるチームなんて

そうないよ。赤松も出てくんな、と思うくらいいやらしい。

カープ これからの残り試合、タイガースと共に優勝を争おう。

阪神も応援するが、カープも応援する。 がんばろうで。大笑い

ブログランキングに復活しました。
一日一回クリックしていただけると うれしい。(^-^)
今朝の時点で
 サッカー審判 3位 超安定
 少年サッカー 2位 昨晩一瞬1位でした。
           画面を記録しようとしたら2位になってた。号泣

皆様のクリックのお陰です。 ありがとうございます。
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

【エールの交換】 No.4087

【エールの交換】

先日の土曜日は”大泉緑地12時間走@坂好練習会”に

36km 3時間ちょっとだけ参加させてもらいました。

普通の練習会だと思ったら、ゼッケンまで用意してくれて、

1周毎に逆走して仲間にエールを送ります。

そのお陰で頑張れた、という人が多かった。

私は、大泉緑地でも長居公園でも

“姿は見いひんかったけど、おったな。”

と言われるくらい、一人で勝手に声を出して走っています。

元はといえば、中百舌鳥から大国町までの毎朝の通勤ランで

すれ違う人、抜かす人、抜かされる人すべてに挨拶してるのが癖になって

走っていると自然と皆に声をかけてしまう。

返事はほとんど返ってこないけど、

もともと半分は自分に言っているようなもんだし、

返って来るとポイント2倍で元気になれます。

大会会場で会ったら、すぐに友達になれるし、

道端で倒れても、きっと誰かが助けてくれるって安心感がある。

(違う違う、駅前で信号待ちをしている時に自転車を片付けてるおっちゃんに

 訊かれてん。

 ”なんであんたは毎朝皆に挨拶してるねん。” そのとき考えた。

 ”挨拶してたら、もし倒れたときに、誰か助けてくれるかなーって思って。”

 おっちゃん一言 ”よっしゃ、助けたる。”)

なんかね、生きていく上での癖になってしまって、やめられへんのです。

私の声かけは”矢印”みたいなものだと考えていて、

声をかけると、その人にちょっと刺さる。

通天閣のふもとでしょぼくれて座っているおじさんも

10日挨拶したら元気に返事を返してくれるようになったりするのです。

知らん振りしている人にも何らかの影響を与えているのだろうな、

と思いながら今日も通勤挨拶ランで一日を始めます。

多くの方に見ていただくためブログランキングに復活しました。
一日一回クリックしていただけると 超うれしい です。(^_^)
昨日の時点で
 サッカー審判 3位
 少年サッカー 3位 ヒャッホイ

ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

皆様のクリックのお陰です。 感謝感謝