カテゴリー別アーカイブ: English

【ジョージの悩み】 No.3442

【ジョージの悩み】

中学校にはネイティブスピーカーの先生が生の英語を教えてくれます。

先生の名前をジョージ・ハナフダとしましょう。

ジョージとしては生徒にも

“ジョージ”

と呼んでもらいたい。

生徒は先生を呼び捨てするのもなんだなあ、という配慮がはたらいて

“Mr.ジョージ”

と呼んでしまう。

しかし普通ファーストネームにMr.は付けないのだって。

ジョージはこのことを授業中に生徒に伝えてみたものの、

“Mr.ジョージ”でもいいよ、とも言っていたらしい。

ジョージもいろいろと悩んでいる様子が感じられて親近感が湧いてきます。

ブログランキングに参加しています。
“少年サッカー” 
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 いつもありがとうございます。

【英会話の楽しさ】 No.3441

【英会話の楽しさ】

大阪マラソンで走りながらの英会話

背中に

 ”宇宙 HONGKONG”

と書かれているランニングシャツを着た兄ちゃんに

“Welcome to Japan.”

と声をかけた。

二人とも歩いたり、走ったり。

何回目かに追い抜いた時に

“Run with you. What’s your name?”

“****.”

“??? 我是モアイ(私はモアイです。)”

“Water”とゼッケンの端の名前を見せてくれました。

“How many time *** to Japan?”
と日本に来たのは何回目かと訊きたかったのに

“Ten days.”

“OK,Ok.”

そうこうしているうちに私が遅れ、

“Go ahead.”

と前に行ってもらいました。

英会話の楽しさは、

片言の英語でも何かが伝わり、

お互いに理解し合おうと協力的に作業することができることだと思います。

度胸はついたけど、やはりうまく話せないので引き続き勉強は続けます。

ブログランキングに参加しています。
“少年サッカー” 
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 いつもありがとうございます。

【エアー英会話】 No.3429

【エアー英会話】

TOEICの試験もやっとこさ終わり

ちょっとホッとしています。

まあ、そんなことはどうでもいいのですが、

英語を勉強している人って

 エアー英会話

を知らん間にやっているのではないかと思うのですが、どうかなあ。

私最近、頭の中で勝手に質問を考えて会話をしようとしています。

“I search Keniya man.”

“He is native speaker at elementary school.”

“I want to talk him with running.”

たとえばこんな感じ。

昨日、長居公園で走っている黒人の方を2人見たし、

大泉緑地でも外国人の方が走っているのを見かけます。

こないだはすれ違いざまに挨拶だけはした。

今度出合ったら、話しかけてみよう。

ブログランキングに参加しています。
“少年サッカー”
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 いつもありがとうございます。

【挨拶】 No.3414

【挨拶】

“Thank you for your lesson.”

“I get courage in English.”

会社での英語の授業が最終回でした。

しかし、用事で欠席です。

授業の前に部屋に行き、先生に感謝の気持ちを伝えました。

“人生において大変いいきっかけでした。本当にありがとうございました。”

 しっかりと感謝の気持ちを伝えてきました。

ブログランキングに参加しています。
“少年サッカー”
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 いつもありがとうございます。

【ネイティブスピーカーの先生と話す】 No.3406

【ネイティブスピーカーの先生と話す】

中学校の運動会に

ネイティブスピーカーの先生が来ていました。

私は話しかけたよ。

“Hello,My name is Moai.Nice meet you.”

そして握手をしたよ。

アメリカ、ニューヨーク出身で

好きなスポーツはテニスと野球らしい。

私の息子は2年生です、と伝えたいが、2年生がわからない。

“2年生って、どういうの?”

と訊いたら

“2年生、というものは無い。”

“1年目はFreshman、2年目はホニャララ、3年目はJunior、4年目はSenior”

“私の住んでいたニューヨークでは小学校が8年、次の学校が4年

 で必要な単位を取ったら卒業。”

“English1,2,3などとある。初めからEnglish3を取るのは無理だから

 一年目はEnglish1から取る。P.E.などはいつでも取ればOK”

と説明を受けました。 in Japanese!!大笑い

途中からお母さんの視線が気になりだして、

先生と日本語で話しているのに、(初めは英語だったけど)

なんかちらちら見られている。

たしかに離れて見てたら英語か日本語かなんてわからないよね。

先生と話をしていると

小学校のネイティブスピーカーの先生がケニヤ出身と判明

 ぜひお話をして、一緒に走りたい、と思ったのであります。

ブログランキングに参加しています。
“少年サッカー” 
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 いつもありがとうございます。

【英会話の帰り】 No.3372

【英会話の帰り】

会社の英会話の帰り、教科書を見ながらiPodで英語を聞いていました。

天王寺駅で乗り換え、隣の列に外国人の兄ちゃんを発見。

 英語で話しかけたいなあ。

この勇気はどこから搾り出そう。

ブログランキングに参加しています。
“少年サッカー” 昨日勝ちましたね、って言いたかったな。(TT)
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 いつもありがとうございます。

【英会話のコツ】 No.3275

【英会話のコツ】

今年度、英語スイッチが入ってしまって

私なりに一生懸命英語の勉強をしています。

英会話もなんかわかってきた。

・話を聞いて、わかる単語で雰囲気をつかむ。

・イメージを膨らませて話を想像する。

これに尽きるのではないか。

日本人が

“ありがとうございます。”

“あざーす。”

という英語版もきっとあると思うのです。

そんなのをしっかりと聞けたとしても訳わかめ。

そんなところにつっかからないで、

聞こえる単語で話の流れを想像するのだ。

なんか調子に乗っちゃって、実践英会話をしたいのです。

第2第4土曜日の走り会に外国人を呼び込む作戦を立てるぜ。

ブログランキングに参加しています。
“少年サッカー” 点差は気にしないぜ。
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 いつもありがとうございます。

【脳みそは止められない】 No.3244

【脳みそは止められない】

気になって寝れずに起きてきました。 

He can play tennis.

He can’t play tennis. 

子音+子音でcan’tのtが脱落すると、できるかできないか、わからんじゃん。

 can’tの場合は少し間が空くのか?

 全体の話の流れから空気を読むのか?

などと考えていました。

ググッたら、当人達も聞こえておらず空気を読んでいるようで、

確信できない時は確認しているのね。

私もわからなければ、確認しよう。

(そんなレベルになる日が来るのか?)

脳みそって、気になったことを勝手にグルグルと考えまわります。

納得するまで止まらない。

この脳みその特性をしっかりと活かさなきゃね。

ブログランキングに参加しています。
“少年サッカー” 上り調子です。安定飛行に入ってきました。
ポチッ ⇒にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 いつもありがとうございます。

感謝の勝手紹介です。ありがとうございます。
canとcan’tってどうやったら聞き分ければよいのですか?
ネイティブはかならず理解できているのですかね?
Yahoo!知恵袋
先に疑問に思っている人は、やはりいますね。