カテゴリー別アーカイブ: お話遊び

【手のひらを太陽に】 No.4691

【手のひらを太陽に】

♪手のひらを太陽に~ 透かして見れば~ 真っ赤に流れる僕の血潮~♪

子どもの頃花火をしている時に

点いている懐中電灯を手でふたをして手のひらを見た時の驚きを

覚えていますか?



この詩を作ったやなせたかしさんも弱っているある晩

仕事机のそばにあった懐中電灯を手に当てると

血の色がビックリするほど赤く透けているのを見て

こんなにも気持ちが萎えているのに、

体にはこんなにも真っ赤な血が熱く流れている・・・

ことに心を動かされたそうです。



私も子ども心に驚いた記憶がある。

“おお、すげえ真っ赤や。 見てみて。”

って、絶対弟達に声をかけている。



この文章を読んで、私の手を太陽に透かしてみた。

なんかイメージよりしわしわな手で指もまっすぐではないけれど

指の間は確かに赤く、熱い血潮の存在を感じました。



あなたにも私にも熱い血が流れていますよ。







それより何より、 オケラ って、知ってる?



子ども達、知らんと歌ってる子多いんと違うかなあ。

 そこが心配や。

 先生、教えたってな。





【12年前のお話】 No.4675

【12年前のお話】

facebookでつながっている方には毎朝強制的に送らせていただいているが(^∇^)

メルマガでも毎朝7時に12年前に書いたお話を発送しています。
http://www.mag2.com/m/M0082577.html

現在は親父走り日記になり、息子達はかけらも出てきませんが
以前は下記のように子ども観察日記として8歳、5歳の子ども達が
日々引き起こすどたばたを切り取って毎日書いていました。

■━━━━━【がんばれ父さん 子供と共に育つ ”共育!!”】━━━━━━■
 ”子供をほめて育てたいけれど、どこをどうほめればよいかわからない。”
 と悩まれているお父さん、お母さんへ

 1日3分間、子供を観察してください。子供の良い点が見えてきます。
 うちの場合はこんな感じです。たまに親子げんかをしていますが・・・。
 バックナンバーはこちらから ⇒ http://www.mag2.com/m/M0082577.html
■━━━━━━━…‥‥・・ ・ ・ ・ ・ ・・‥‥…━━━━━━━■

子ども達は二十歳、17歳のおっさんになりましたが、
まだ子どもが小さいお父さん、お母さんもおり、
私が過去に感じた視点が少しでもお役に立てればよいなと思い
再発行している次第です。

改めて読んでみると、
子ども達は日々経験を積み重ねて成長しているのだなという事と
私もまさに子どもと共に成長してきたと実感します。

自慢じゃないが、過去のお話はなぜか今よりも確実に短い。
そして、内容が濃い(ような気がする)

よければ登録してみてください。(^∇^)



【男はアホか】 No.4632

【男はアホか】

昨夜は次男のクラブの定期演奏会

長男と嫁さんとその御両親と我が家の両親の7名で観に行きました。

次男の家とは異なるキリッとした顔と素晴らしい演奏を堪能し、

帰り道に皆でご飯



まあ、お話はコロコロと転がるのだがどうも

我が二人の弟やその嫁さんもこの作文を読んでいるらしく

“最近の兄ちゃんは大丈夫か”と

親父やお袋に連絡が入っているらしい。



そこからうちの弟の大学を休学しての世界旅行の話しになったり

お袋のメンタルが強くなりすぎて母友達から息子に関しての相談を受けても

“そんなん放っておけば”と思ってしまう話や

うちの長男が思いつきの行動を母親に報告してもほぼ通る話

で、結局のところ、

 男はアホやな

という結論に落ち着いた様子です。



これは我が家の中の話だけではなくて

 一般的なお話をしていたのですよね。



 ねえ、世の中のお嫁さん。







ブログ村のサブスリー部門に登録しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
昨日は2位だったのです。
さて今日は。

99_o

【ご期待に応えて】 No.4626

【ご期待に応えて】

“毎日日記読んでいますよ。 いいね!も押さへんけど。”

先日卒業式のお母さんからもこのように声をかけていただき

 ほぼ日刊

で書き続けている日記を多くの方に読んでいただいている様子で

ありがたい限りです。

 それにも関わらず、いきなり昨日はお休みで申し訳ありません。







さて、昨日も先週に引き続き岩湧山

走り友達と共に笑いの絶えない道中になりました。

最後紀見峠駅に向かう下り坂など、笑いすぎて右の崖から落ちそうに

なるほどでした。 危ない、あぶない。



紀伊見荘で温泉に入ってからのお昼ご飯

共に来るはずだったが腰痛のため留守番のダンナに

“お掃除お願いね。”

と言付けた話のついでに

“私は米を買うように言われている。”

“そしたら、明日の日記は 米を買う やな。”



その時は、私は内心、

 それはないない

と思っていました。



岩湧山から帰ってきて、本読む振りをして昼寝して、

さあ晩御飯を作ろうか、そろそろ米炊かな、

と米びつの3合のボタンを押したら、無音

 あ、米買わな。 明日のブログのネタできた。

と思いました。



わざとやっているわけではないのですが、

なぜかそうなる。

そうなるように世の中ができているのだと思います。

 おもろいなあ。



99_o
岩湧山山頂から大阪方面を望む。
見るところを決めていなかったから、皆の視線の先がバラバラね。



【若者としゃべる】 No.4571

【若者としゃべる】

朝マンションを出る時に若者と一緒になった。

マンションに住み始めた頃は小学生だったのに今じゃ就職して立派な若者

子どもの頃から話をしてるからか、普通に世間話

“病院関係は来るの病人ばっかりですよ。”

“そりゃ病院やからな。”



“病気ってな、本人が風邪ひいた、って認めた瞬間にかかると思わへん?”

“そう。風邪ひいたかな、と思っても大丈夫と思って
ポカリ飲んで寝たら治りますよ。”

“やろ。私もそう思ってるねん。”



“私なんか、無駄に体力あるから、しんどいなあ、倒れへんかな、と思っても
寝て起きたら元気やねん。”

“結構倒れないものですよ。”



“ほな、がんばってな。”

“はい。”



地下鉄の改札までの間、いろいろな話を聞いてもらいました。



 思っている事を関係者に肯定してもらえることは単純に嬉しい。



学校の先生って、こんな出会いばかりなのだろうなあ。





【バスの時刻表を見ていると】 No.4570

【バスの時刻表を見ていると】

4月の石鎚山、剣山ツアーに向けてバスの時刻表を見ていると

剣山の最寄の美馬まで、大阪からバスが出てる。

梅田を19時半に出て、美馬に23時10分 4250円 安っ。

降りて、吉野川を渡れば道の駅もある。

そこで寝れば、翌朝は剣山に向けて日の出から活動できる。

2日休みを取れば四国大冒険ができるんじゃないかと、

石鎚山から松山に抜けたら、坊ちゃん温泉に入ってから

どう帰ってこようかと、

ひょっとしてしまなみ街道で広島まで渡る?

とか、

私の脳みそは妄想モードで、空想は果てしなく広がるのであった。







 ”年明けてから10日も出勤してへんねんな”

と隣の島から聞こえてくる与太話が耳に入ったりすると

年末からずっと働き詰めのような感じの私は

 ”何を言っているのだ”

と思ったりするが、

旅に出る空想は楽しく、この仕事が落ち着いたらちょっと旅に出たいなと

思っている次第であります。





 どこ行こっかなー。







【季節の歌】 No.4521

【季節の歌】

♪いつだって会えるけれど いつも会えないの 何かが邪魔ね♪

♪知ってて 知らない振りして 一人のクリスマス♪



私の脳内ジュークボックスは優秀で

ちゃんと季節に合った歌を選曲してくれるので、

私は知らないうちにその歌を心で歌いながら走っています。



冒頭の曲なんて、大昔、文通していた旅先で知り合ったお姉さんが

シンガーソングライターの階段を登っていた時に

カセットテープで送ってくれた曲の一部ですが、

昨日地下鉄に乗る前に頭に浮かんできたりする。





 脳みそおもしろい、経験が積み重なる楽しさ

また、それをここで発表できる嬉しさがあります。

もう12月だべ。



♪人恋しと泣け12月♪ 中島みゆき 十二月

 これも強烈な歌だったべさなあ。





【レジのお姉さんとも会話する】 No.4474

【レジのお姉さんとも会話する】

昨日仕事帰りに納豆とパンを買ってレジに並んだら、

レジのお姉さんが

 あらこの人めずらしい格好して

という顔でこちらを見る。



“卒業式などで背広着てたら、なかなか氣付かれへんねん。”

“そうでしょうねえ。 やはりジャージがお似合いで。”



 なんでやねん!!