【子どもの気持ちを思い出す】 No.3995

【子どもの気持ちを思い出す】

親父、お袋と共に親父の実家の岡崎まで草刈りに行きました。

 一日子ども

なんかね、子どもの気持ちを思い出せた。

子ども達、こんな事思ってるんやろうなー、って。

じいちゃんのお墓にもお参りして

おじさんと親父の60年以上前の昔話を聴いた。

今は便利な世の中になっちゃったけど、

60年前はにわとりを飼って卵を売ったり、

小麦を持っていってうどんと交換したり、

私の曾おばあさんが亡くなった時の話を聴いたり、

もうそんな時代に逆戻りする事はないのだろうけれど、

親父のそんなお話を聴けてよかったなあ、と思いました。

またぜひ、子ども達が集まった時にもその話を聞かせてください。






コメントを残す