カテゴリー別アーカイブ: 走り

【地図上の大冒険 D to D 出町柳 to 出町柳】 No.5771

【地図上の大冒険 D to D 出町柳 to 出町柳】

私がちょっとおかしいのだが、地図を見て、雰囲気がわかりだすともう止まらない。

昨日も定時後から寝る前までずっと地図3つを行き来してトレイルを繋げていました。

壮大なステージレースが出来てしまう。

【1】出町柳駅、比叡山、横高山、水井山、小野山、梶山、魚の子山、還来神社

【2】和邇、権現山、蓬莱山、打見山、烏谷山、金糞峠、武奈ヶ岳、釣瓶岳、蛇谷ヶ峰、くつき温泉てんくう

 高島トレイル逆走

【3】朽木、桑原、三国岳、地蔵峠、三国峠、おにゅう峠、根来坂峠

【4】百里ヶ岳、木地山峠、桜谷山、与助谷山、駒ケ岳、駒ケ越、横谷峠、桜峠

【5】二の谷山、水坂峠、武奈ヶ嶽、三重嶽、大御影山、抜土

【6】大谷山、寒風、粟柄越、赤坂山、明王ノ禿、黒河峠

【7】乗鞍岳、国境スキー場BS(高島トレイル始点)、マキノ、朽木、桑原

【8】桑原から鞍馬街道を出町柳駅まで ゴール!!

昨日は気楽に地図をなぞっていたけど、

今日書き出してみて、

 アホやわ

と思いました。

【7】と【8】だけで、琵琶湖の南北の長さを越えています。

高島トレイルを除いて

【1】出町柳駅、比叡山、横高山、水井山、小野山、梶山、魚の子山、還来神社

【2】和邇、権現山、蓬莱山、打見山、烏谷山、金糞峠、武奈ヶ岳、釣瓶岳、蛇谷ヶ峰、くつき温泉てんくう

【8】桑原から鞍馬街道を出町柳まで ゴール!!

ならできそうかな。

 いやいや。 京都トレイル東側だけでも充分にしんどかったやん。

私の脳みそは走り出すと止まらないのです。

私が止められない。 勝手に考えよる。

もうちょっと落ち着いて見直します。





3つの地図を行ったり来たりw



ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【エマージェンシーキット よくあるトラブル】 No.5770

【エマージェンシーキット よくあるトラブル】

今回の3人は私は”ごまめ”としてもトレイルのベテランで

 エマージェンシーキットを持つ

という意識はあった。

私はエマージェンシーキットに対して

 電池切れのラジオを外し、

 食べてしまったカロリーメイトを2袋補充し、

 充電池も充電した。

一人は京都トレイルなので

 エマージェンシーブランケットはいらん

 ランプもいらん

と判断したのに、エマージェンシーキットをザックに入れ忘れ、

もう一人は

 いつもどおりそのまま大峯に入れるような装備

をしっかりと持ってきてた。







私が風呂で怪我をした様子で人差し指の付け根からの

じわじわとした出血が止まらない。

で、毎回、絆創膏の補充を忘れます。

ビビるほどに出血が止まらなくて、気がつけば毎回血だらけ

ティッシュで押さえても止まらず、

絆創膏をいただいてなんとか止血できた様子です。

昨夜風呂上がった後に絆創膏を外してみたら

静脈に対して傷を負った様子



もう一度 エマージェンシーキットの確認が必要ですね。





3人が無事に帰ってこれて一安心

またよろしくお願いします。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
 にほんブログ村






【京都トレイル東側 人の力を借りて未知の領域に首を突っ込む】 No.5769

【京都トレイル東側 人の力を借りて未知の領域に首を突っ込む】

昨日は微妙なお天気でしたが

 リーダーの決断で決行!!

初めての京都トレイルを味わってきました。

 37km 7時間30分

結論としては

 楽なトレイルはない

 チームで行くと安心

 チームで行くと強くなる



一人なら絶対に行かない気象条件でしたが

 京都トレイルならどこででもエスケープ可能

 トレイルのエキスパート2人と同行

私はジップロックで封をしたスマホを一度も出すことはなく、

前と後ろを守られて、快適に雨の京都トレイルを走ってきました。

中盤、比叡山、横高山、水井山の雨はやばかった。

ダダ降りでした。

降りると雨は止んでいる。

山を見ると、高い所は雲の中

雲の中は雨が降っているのね、と体感で理解しました。

また、こんな天気予報だとこんな状況なのね、ということもよーくわかった。

この貴重な経験は今後活かします。

ご一緒した頂いた皆様、ありがとうございました。



YAMAPデータはこちら





初めて来ました。伏見稲荷からスタート!

大文字山の火床 ここはスッキリと晴れていました。

樹に守られて、そんなに雨は感じないのよ。

写真には写りませんが、ここはダダ降りでした。

新しくなった天狗さんとパチリ

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
 にほんブログ村






【15km完走の充実感】 No.5767

【15km完走の充実感】

木曜日の夕方は長居

私も15kmの完走を目指して1km4:30ペースを選択

ペーサーになっちゃって

 1km 4:24
で入ったときに、もう少し遅くと、後ろからリクエストを頂く

慎重に走りました。

 4:24
 4:27
 4:28
 4:27
 4:28 22:17
 8:56
 4:30
 4:30
 4:28 44:43 22:26
 4:30
 4:28
 4:31
 4:27
 4:28 67:08 22:25

ちょい速めですが、合格でしょう。

私もちゃんと15km走りきれて嬉しかった。

共に走った方々も安定したペースで久々に15km完走して充実感があると

伝えて頂き、ペーサー冥利に尽きます。



目標のペースはありますが、

 走れない、やめちゃう

ではなくて、

まずは目標の距離を走れるペースで走りきってから

その次にペースを上げていくことが大事だと感じました。



 来週は 4:15列車を作りましょうね。 皆となら走れる氣がする。





これは1年前の写真

Beforeコロナって感じがしますね。
現在はwithコロナ時代 時代に対応しつつ生きていきましょう。



ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【高野山 京大坂道 町石道 ”成功”の文字を拡大すると”失敗”で出来ている】 No.5763

【高野山 京大坂道 町石道 ”成功”の文字を拡大すると”失敗”で出来ている】

高野山 なんちゃって京大坂道 町石道 完走です。

 45km 5時間56分

スタート前 橋本駅のはじめちゃん

橋本駅スタート 8:53



京大坂道のコースに学文路天満宮は入っていないがのぼりがはためいている。

昔から南海沿線に住んでいるものとしては

 学文路天満宮

はお参りしておかないと、とコースを逸れる。

そして、道に迷う。 おばあさんに道を訊く。

いろいろ説明してくれるけど、結局は

 ”どっからでも行ける”

という話になって、方向だけ教えてもらう。

先週の取り付きの定福寺への道を訊いた時もこんな感じだった。

皆さん、優しすぎるのだと思う。

道に迷うからこその、ふれあいに感謝です。



 学文路天満宮

に心ゆくまでお参りし、コースに復帰

今回は舗装道だから、雨さえ降っていなければと思って来たが、

舗装されているからと言って走れるとは限らない。

実際、前半の上り、丹生川への下り、その後の上りは

私は走れませんでした。

走れるようになって途中の縁結びの神社



極楽橋手前で

 左:高野山 6km 右:極楽橋 1.3km

の道標を一旦右に行ったものの下り続ける道に不安になり、

南海電車と交差した後

 京大坂道↑

の看板を見て、やっぱりと引き返し、

線路の写真を撮って



 左:高野山 6km

を登りました。



行ってから後悔した。

極楽橋から急坂を高低差300m以上登ると読んでいたのに

走れるレベルの上り坂の林道

 だめだ、これは完璧に道を間違えている

と思ったものの、戻る気力はない。

 またやらかしてしまったなあ

 どんくさい奴やなあ

 地図読む力が低すぎるんとちゃうか

とへこみ

 頂上は一つだから、とりあえず登れば高野山に着く

 不動坂が交差していたらそこから復帰しよう

などと考えながら、延々と登る。

すると、不動坂と交差することなく

先週一本杉から高野山中心部に向かう所にポコっと出てきた。

 あら、もう殆どゴールじゃん



 お昼ごはんを買って、大門で食べよう

と思う頃には

 成功、成功 ”成功”の文字を拡大すると”失敗”で出来ている のよ

などと、のんきのことを考えていた。



成功した方もよーくお話を聞くと、きっと失敗ばかりなのだと思う。

 ”成功”の文字を虫眼鏡で見ると”失敗”の塊さね

諦めなければ目的地には着くのさ。

下りは
大門スタート 12:40
九度山道の駅 14:50

上りの疲労度が軽かったし、私もパワーアップしていることを実感しながら
駆け下りました。

道の駅で
たくわんと刺し身こんにゃくを買って
グリーンソフトを食べて帰ってきました。



無事に帰ってこれれば、それでOK

下記にYAMAPデータを載せました。

パット見、問題なく前進しているように見えますが
地図を拡大すると、道に迷っている様子も詳細にわかります。

YAMAPデータ
高野山 黒河道(前半2時間43分のみ)



高野山 京大坂道 町石道



その辺りも楽しんでいただければ嬉しいです。
(わざと道に迷っているわけではないのだけどねw)





ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【長居には来たものの走れない日は】 No.5760

【長居には来たものの走れない日は】

木曜日の晩、私は長居に向かいます。

気持ちとしては

 4:15で10km、15km

と思っていますが

1本目 スタートしてすぐ、3kmポイントで49秒かかっていたので止まっちゃう。

2本目 4:09
   4:20 あかん、ガタ落ちやー
   4:23 やめちゃった。

ここでラン友発見 一緒に走らせてもらおうと考える

3本目 22:00
    8:37 7kmで終了 トイレにGO!!

結局 3km + 7kmだけ走って帰ってきました。

よく考えれば、まだ座るのに

 よいしょ

と言っているような筋肉痛の治らんおっちゃんが、惰性で長居に行ったからって
 無理して走らんでいいねん
という話ですね。



ランキング2位、3位のお姉さんや、
100位入賞のお兄さん方を祝福しに行ったようなものです。

けど、話していると、2位でも3位でも満足してへんね。

 一応満足はしつつも、まだまだ上をうかがっている

そんな感情がひしひしと伝わってきました。

当然私もやる気はあるのよ。 身体が付いてこないだけでw





土曜日の大泉カインド 時間のある方は走りに来てね



ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【旅ランやらかしベスト3】 No.5759

【旅ランやらかしベスト3】

私は走って旅をし、その度にいろいろとやらかしています。
その中から印象深いものを3篇を紹介します。

第3位 奥駈から那智 4日目の宿  2017年8月

 大峰奥駈から本宮大社を参り、那智大社へ向かう道中
 目標の野宿地点へは遥かに届かず、19時時点で峠のてっぺん
 日は沈む。
 さてどうするべ。

ちょっと長すぎます。時間のある時に読んでください。





第2位 F永さんと乗鞍ツアー  2017年9月

 ブラインドのF永さんと一泊二日の勝手強化合宿
 乗鞍岳の車道最高地点(2716m)までランで駆け登ります。
 しかししっかりと手強かった。





第1位 小辺路2日目の攻防 2016年8月

 2泊3日の小辺路ツアー
 当時用具が全く揃っていなくて、高校の時に買った
 1kgを超える寝袋を背負って旅ランしていました。
 (物持ちいいなあ)
 前泊した伯母子峠の小屋にその寝袋をデポし、
 これなら本宮大社にデンして晩にはこの小屋に帰ってこれるぜと
 喜び勇んで出発したものの、・・・。

  デポ:荷物や装備を置いておくこと。










こうして振り返ると
やらかしの元は
・コース、距離の難易度に対して疲労、走力の計算が合っていない
ことに尽きます。

なので、計画した結果を得ることができない。

これが難しいんや。
場数を踏むしか無いと思います。
(踏んでるはずやねんけどなあ)

また、面白い旅を考えて、チャレンジしますよ。



旅ランまとめサイトはこちら



ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【おめでとう 全日本マラソンランキング】 No.5757

【おめでとう 全日本マラソンランキング】

仕事を終えて本屋さんへ”ランナーズ”を買いに行く。

覗きたい気持ちを抑えて、家まで持ち帰り、冊子を取り外して

自分の年齢のページを開き、私の名前を探す。

 男子51歳の部 49位 くーっ

周りにラン友の名前を探し、次々と赤ペンで線を引く。

欲を言えば、同級生と並んで52歳の部で載りたかったなあ。

第12回 2:49:36 加古川 47歳61位 祝 5年振りのサブスリー復活!!
第13回 2:53:13 篠山  49歳72位 マラソン難民になり篠山でなんとか
第14回 2:47:46 姫路城 50歳21位 ズームフライと感動を分かち合いました
第15回 2:49:35 姫路城 51歳32位 やりましたな なんとかサブエガ
第16回 2:50:13 加古川 51歳49位 お陰様で5年連続



ちらほら見ていると、

初めて100位に入った人も多いような   おめでとうございます。

この感激を毎年味わえるようにコツコツ積み上げていきましょう。



私なぞ、現状維持しているだけで年々順位が上がる。

しかし、今年は2時間45分 ゆくゆくは2時間40分を切って
皆に走る楽しさを伝え続けたい。



それにしても年代別で一番の人は飛び抜けている人が多いな。

やっぱり、思いの力が結果に出ているのではないかな。

70歳でサブスリーされた方は今回はいないが
速い先輩方は本当にたくさんいらっしゃる様子

一緒に走る時は必ず前を走リます。

多くの方と一緒に走れるようにはなってきた。

大会もきっと開かれる日は来る。

その日に向けて、しっかりと準備しましょう。





年に一度の成績表

ランナーズさん、取りまとめありがとう。



ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【旅ランレポート 高野山 黒河道 町石道】 No.5756

【旅ランレポート 高野山 黒河道 町石道】

無事完走してきました。

 高野山 黒河道 町石道 45km 6:50

久し振りの山旅で忘れ物いっぱい、反省しきりでしたが、
ちゃんといろいろな事は起こり、楽しく過ごしました。

 現在座る時によいしょ、というレベルの筋肉痛です。
 太ももの前がきてます。

9:00 橋本駅でなぜここにいるの? グワシ!のはじめちゃんに見送られ出発



取り付きはいつも難しい。

私は小走りなのに同じ電車で来たご夫婦に2度も追いつかれ、その後知らぬ間に追い抜かれる。

理由は

 初っ端から道を間違えたり、
 YAMASTAの操作に手間取ったり、
 農道で後ろから来た車に道を譲った際に道標を見逃して進んでしまったり、

まあ、いろいろですな。

YAMAPのおかげでなんとか復帰する。

3度もご挨拶してたら、すっかり馴染みましたよ。



道も落ち着き、快調に足を進める。



祠の前でお姉さん3人組に挨拶しつつ、その手前の小川の橋を渡ろうとしたら、
足を滑らせて、右半身川にはまる。

お姉さんと共に身体をチェック。 怪我もなく、どこも打たず、
挨拶して歩き出す。

と、スマホを左ポケットに入れていたので全く濡れていないことに気付き
それをお姉さんに報告したくて戻る。

 ”それはラッキーですね”
 ”では、ご安全に”

良い知らせは共有したいよね。



町石道と違って、全く走れない。登ったと思ったら、下る。
それも、延々と下る。
隣に川が流れ、夏はいいのではないかな。
景色も涼しげよ。
足元はかなり滑りやすいので注意



降りたどん突きが丹生川

道に沿って進むと、舗装道路が続く様子で

 こりゃまた道を間違えているぜ

とYAMAPを頼りに引き返す。

 黒河道 11 警察:110 消防:119

などと数字だけ書いてある道標があるが、500m単位くらいで打ってある様子で

曲がり角などのポイントに立っているわけではない。

私はYAMASTAポイントの 鉢伏の井戸 も全く気づかずでした。

次の春日神社への道もかなり怪しいです。

というか、道はいくつもあり、どこからでも行ける。

私は柿畑で作業をしているおっちゃんに訊きました。

春日神社は特に看板もなく、原始のお社という感じ

氣のいい神様が見守ってくれていました。



その後一回登山して、くどやま森の童話館(旧久保小学校)

くどやま森の童話館の少し手前にあった池

暗い時に通りたくありませんね。
思い出しました。 このあとすぐの三叉路にトムとジェリーの道標があったのです。

スタートしてからここまではほとんど走れません。

ここから粉撞峠(山の中の道標には子継峠と書かれている)の上りに入るまでは
多少走れます。

粉撞峠まではまた山登り

私も弱気になっちゃって

 高野山に着いたらケーブルカーに乗って帰ろう
 子継峠と粉撞峠は同じ峠やろうか、後いくつ峠があるねん



粉撞峠から一本杉までは気持ちよく走れ、一本杉以降は
舗装路を高野山の街に向かって駆け抜けます。(まだ上りもあるけど)

力が余っている人は
 転軸山
へ登る案内板もあるので転軸山経由で高野山の町に向かうことも可能です。

奥の院の方に向かっているつもりでしたが
何故か高野山の町のど真ん中観光案内所の交差点に出てきてしまい
観光案内所で
 黒河道、京大坂道の地図
を頂き、昼ごはんを買って、大門の足元で食べる。

30~40分早ければ大阪の友達と奇跡の鉢合わせが実現したのですが、
世の中、そんなにうまいことは行かず、
13:30に大門を出発しました。

もう、町石道の走りやすいこと。
道はしっかりしているし、上り下りはマイルドだし、
思わずウッホー!と叫びながら山を駆け下りました。
気持ちよく小走りで進むにはこれくらいの道がいいですよね。
上りが急すぎて走れない、下りが急すぎて走れない道はやはりしんどいです。

15:50 道の駅「柿の郷くどやま」に到着
トイレで顔を洗って、着替えて、さっぱりして、
柿のソフトクリームを食べようかと目論んでいましたが
産直市場を覗いていたら
 和歌山県特産グリーンソフト
を発見。

食べたいな、と思って、食べれていなかったので、
ゆっくりと味わいました。

ほんまにさっぱりしていて、
コーンの底の一番下までぎっちりとアイスが入っていることに感動
スマホの電源切れで写真を撮れなかったので、
わざわざ袋を家にまで持って帰ってきました。









まとめると、
 黒河道はハード
 ・上り、下りが急
 ・トイレ、自動販売機はない
  市平橋に簡易トイレは有り
 ・水場はあちこちに有り
 ・道はわかりにくい所がある
  おかしいな、と思ったらYAMAPなどで要確認

三叉路のポイントでパウチで作った道標が紐でぶら下げられてひらひらしている所もあります。
トムとジェリーか?!と突っ込みたくなるところですが、
道標は参考程度に、自分で道を確認して進んでください。

私のスマホはスタートして2時間43分後に電源を切りましたが、
それまで4度ほどYAMAPを頼りに黒河道に復帰しました。
電源を切った時は くどやま森の童話館(旧久保小学校) まで進んでおり
その後、幸いな事に道に迷うようなポイントは有りませんでした。

その時手元にあったのは橋本駅で手にしたYAMASTAのパンフレットの地図のみ
必要な情報はほぼ載っていなくて下手すると危ないところでした。

準備しすぎるのも善し悪しですが、
自分の能力、スキルにあった準備をして
山を楽しみましょう。



YAMASTAは電池を食う様子だし、もういいかな。
(スタンプ一つもGetしていないけどw)

YAMAPでちゃんとゴールまでの記録を取りたい。
今回、道に迷っている時間が長かったので、もう一度行くことがあれば30分は短くなる予定です。
涼し気なコースなので夏に長い時間身体を動かしたい時には使えるのではないかな、と感じました。
タイミングが合えば一緒に行きましょう。

けど、次回は橋本駅発で京大坂道、町石道かな。(6/28予定)

ぼちぼち山を登れる身体を作っていきます。





ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【反省 高野山 黒河道 町石道】 No.5755

【反省 高野山 黒河道 町石道】

無事完走してきました。

 高野山 黒河道 町石道 45km 6:50

もう、反省ばかり

【1】YAMASTA(ヤマスタ)スタンプGet 0(ゼロ)!!
【2】ファイントラックアンダーシャツ着忘れ
【3】スマホ機内モード設定忘れ
【4】エマージェンシーキット忘れ

 ああ。

【1】YAMASTA(ヤマスタ)スタンプGet 0(ゼロ)!!

 1つ目のチェックポイントに着きましたが

  チェックイン!の方法がわからない

 2つ目のチェックポイントでも同様

 結局、YAMASTA(ヤマスタ)スタンプは0で、アナログのスタンプを3つ押して帰ってきました。



【2】ファイントラックアンダーシャツ着忘れ

 山に行くのにファイントラックアンダーシャツを着忘れていました。
 幸い天気がよく、汗冷えには至りませんでしたが、これは失敗でござった。

【3】スマホ機内モード設定忘れ

 山旅でYAMAP起動中はスマホは機内モードに設定し、電池の消耗を防ぐのですが
 すっかり忘れており、2時間43分、行きしなの2/3で電池切れ、
 全てを記録することが出来ませんでした。

【4】エマージェンシーキット忘れ

 電池切れになり、充電池!と思ったのですが、その時に充電池を入れている
 エマージェンシーキットそのものをリュックに入れ忘れていることに
 気が付きました。 まったくもってボケボケです。

なぜこんな事になったのかを振り返ると

・2019年は馬活動に力を入れ、旅ランをしなかった。
・そのブランクのため山に入る時の注意事項をすっかり忘れていた。
・今回天気が良いことで私の中で注意が喚起されなかった。

ここに記録することによって
・次回は忘れない
・他の方のお役に立てば嬉しい
です。



今回初めて黒河道を走りました。(いやほとんど走っていません)

町石道はトレランっぽく走れる部分も多いですが、
黒河道は山が3つって感じです。
山部分はほとんど走れません。 ほんまに山です。
下りも結構急
私のトレランシューズasicsゲルフジは石が濡れているとよく滑りもう怖い
前日の雨の影響が大きく、おっかなびっくりで下りました。



電池がなくなってしまったために途中で切れていますが、
ここから子継峠までももう一回登ります。

厳しかったよー。

久々に黙々と登りながら、延々と自分と話をしていました。

まだ体力が戻っていないから高野山に着いたらケーブルカーに乗って帰ろう
とも思っていた。

一本杉から舗装道路になったら元気が出てきて、お昼ごはんを買って
 大門で食べてたら誰か上がってこないかな
とか思ったりして、
結局食べている間に誰も上がってきませんでしたが、
根性出して帰る気は満々でした。

明日は前半の前半しか写真がありませんが、
旅ランレポートを書きます。 お楽しみに。



ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。