カテゴリー別アーカイブ: 読書

【超高速!参勤交代】 No.6175

【超高速!参勤交代】

 超高速!参勤交代 土橋章宏
を読みました。

仙台近くの湯長谷藩の人達が
5日で江戸まで参勤せよ、という無理難題を
妙案と頓智で駆け抜けるお話

街道を歩いていたら間に合わないから体力勝負
殿様を始めとして日頃から鍛えている猛者7人で、
隠者を道案内に雇い、
野山の獣道を駆け上り、駆け下って江戸を目指す。

むっちゃ面白いと、あっという間に読んでしまいました。
私も仲間に入れてよと思いながら。

始めは猛者といえど山道をヒーヒー言って着いてきた仲間も
(その間、隠者は皆が来るまでに兎や蛇などの食料まで調達している)
日頃鍛えているお陰もあり、あっという間に走り慣れて、
江戸に着いたと思ったら、最後将軍に会えるところまで行ったのに
そこから会わせてなるものかと、大勢の敵が立ちはだかり、
そこからバッタバッタと大活劇。

殿様自体が日頃から鍛えていて
猛者達も大活劇のさなかに
“殿の部下でよかった”と
東京オリンピック混合ダブルス決勝の中国戦 第3セットの美誠さんのようなニヤケ顔で
自分の持てる能力をフルに発揮している。
戦い自体を楽しんでいる風情です。

もちろんお話(エンタテイメント)なのだけれど
私もこんなことをやりたいのだよなあ
と思いながら読んでいました。

私も能力を発揮したい。
まだ自分にどんな能力が潜んでいるかすらわかっていない。
その点でいえば、能力の発掘もしたい。
まだまだいろいろなことに挑戦したいです。
楽しそうなことがあれば声をかけて下さい。
(鎖骨が治ったら)ひょいひょい着いていきます。
よろしくお願いします。







「Mr.インクレディブル」を見ても



「南極物語」を見ても

感想は同じ様子。
いつまで経っても能力を発揮したい人なのね。



ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。



【ひいこらサブスリーを読み直す】 No.6128

【ひいこらサブスリーを読み直す】

手放したみやすのんきさんの

 ”ひいこらサブスリー”

を図書館で見つけたので

もう一度読み直す。



うん、この本がいいわ。

私の走り方の言語化は

この本に受けた影響が大きいです。

 足が身体の後ろにある時は大腰筋の縮む力で足を前に持ってきて

 足が身体の前に来るとお尻の筋肉、ハムストリングスの縮む力を使って
 足裏をなるべく早く着地させようとしている。

まさにこの2点に尽きます。

 力を入れて筋肉を縮めているのではなく
 筋肉が伸びた後の輪ゴムが元に戻るような縮む力を使っているのがポイントです。

2時間45分切って走っている人は皆この意識で走っていると思うのです。



みやすのんきさんの本はこの一冊で十分。

以降の本は説教臭くてあまり好きではありません。

のんきさん自身でいろいろ試しながらワクワクしながら
走る楽しさ、可能性をぐんぐん広げている感じが
私自身ともかぶり共感できます。









ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








この本は自信を持ってお勧めします。

読んだことなければ、ぜひぜひ

【アホは神の望み】 No.6119

【アホは神の望み】

緊急事態宣言が明けて図書館が開いたと思ったら

こんな本借りてきた。

 ”アホは神の望み” 村上和雄



大学の先生が書いてるのだけど

私が読めば勇気が湧いてくるような

お気楽な話がたくさん乗っています。



 インテリの悲観論よりアホウの楽観論

 陽気であきらめない心が奇跡を生み出す



 インテリの悲観論よりアホウの楽観論

悲観論を語るほうが賢そうに見える、だの

 陽気であきらめない心が奇跡を生み出す

はしこい人は賢そうに見えても、すぐに消えてゆく。
ノーベル賞をもらうような学者を見ていると、パッと見、鈍いくらいの方も多い。



 お気楽で

 すぐに動いて

 継続できる

人が神様の後押しを受けられる

そんな内容になっています。

まだ、半分ほどしか読んでいませんが。



病の治癒に笑いや祈りが効果があることを

科学的に説明しようとした学者さんです。



やっぱり本はいいね。

いろいろな世界に触れることができて楽しいです。





ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【「50を過ぎても速く!」をやっと読んだよ】 No.6114

【「50を過ぎても速く!」をやっと読んだよ】

やっとこさ

 ”50を過ぎても速く!”

を一通り読みました。



著者は70歳でこの本を書いている。



この本を読んで理解したのは

【1】アスリートが年を経ることによってどのような影響があるかの研究はこれからだ

【2】私達はアスリートなのだから”ふつうの人”の加齢に合わせて生きる必要はない

【3】LSDなどゆるい練習は選手生命を伸ばすだけなら効果があるが、強くはならない

【4】加齢により能力が下がるのは紛れもない事実だが高負荷の練習を続けることにより

 (1)能力の劣化の速度を落とすことはできる

 (2)酵素などが出やすくなる

【5】疲労も確実に抜けにくくなるのだから

 (1)高負荷の練習をちゃっとやって、疲労回復の時間にまわせ

 (2)しんどくて長い練習は疲労がたまるだけだからせんでいい

などです。



前回のマラソンシーズンから速いペース走をやめましたが
これは
【5】疲労も確実に抜けにくくなるのだから
 (2)しんどくて長い練習は疲労がたまるだけだからせんでいい
に当てはまっていると思いました。

それにプラスして

 20分の変化走、5分間走、20分間走は

 (1)高負荷の練習をちゃっとやって、疲労回復の時間にまわせ

になります。



着るもの、食べるもの、疲労回復のための技術など世の中は色々と進化しているし、

今までのアスリートの歴史に合わせることはない。

我々の精進によってどこまで強く、速くなれるかは我々アスリートが決めればよいのだ

ということを感じました。

いつまでも速いおっちゃんでいたい。まだもう少し速くなりたい。

その希望を胸に高負荷の練習を積極的に取り入れていこうと思います。







身近にお手本になる先輩がたくさんいらっしゃるので参考にしやすい。

これは2018年12月の加古川マラソン
大先輩が60歳代の部で1位、私もたまたま50歳代の部で1位の記念写真w
今年も加古川マラソンは中止だそうだ。 氣を取り直して他を探そう。



ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








一通り読んだらだいぶ薄く感じてきた。

重要なことは何度も繰り返し書いてくれているし
ポイントを押さえれば、もっとギュッとできると思います。

【VO2max と LT の能力の計り方】 No.6109

【VO2max と LT の能力の計り方】

行きつ戻りつ

 ”50を過ぎても速く!”

を未だに読んでいます。



持久的なパフォーマンスの能力を生理学的に測るものさしは
下記の3つです。

・最大酸素摂取量(VO2max)
・乳酸閾値(LT)
・エコノミー

この内 VO2max と LT の能力が伸びたかどうかは
GPS時計があれば簡単に計測できる様子



変化走を取り入れた私にとって
それによって能力がどれだけ伸びたかはぜひ知りたい。

そのためにまず現状の能力を知っておきたい。



計り方は簡単だ。
同じ日にもできる様子。

私の理解の範囲で端折って書くが

【1】VO2max テストを行う。
 5分間でどれだけ走れるか。

【2】回復を長く取り

【3】LT テストを行う。
 20分間でどれだけ走れるか。



以前日曜日に長居で5kmのタイムトライアルをやると
書いた記憶もあるが一度も行えていない。

5分走って、20分走るだけなら、夏の長居でもできそうだ。

第2、4土曜日が大泉カインドなので
第3土曜日の翌日の日曜日に長居で

 VO2max と LT 確認走

をやってみよう。

 9:15 に VO2max 確認5分間走スタート

 10:00 に LT 確認20分間走スタート

終わーりー



突っ込みすぎないように3kmポイントで

 40秒(3:30ペース)

より速くならないように入って後は粘るだけじゃね。



とりあえず、現状を知るために6月20日(日)ヴェイパー履いて一度走ってみます。







カエルちゃんの出番が増えてきました。

履く度にワクワクできる素晴らしい靴だと思います。



ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








行きつ戻りつで

まだ最後までたどり着かないw

【運動、それも○○しい運動は最強の薬です】 No.6103

【運動、それも○○しい運動は最強の薬です】

 ”50を過ぎても速く!”

を読み進めています。



いきなり

 ”運動、それも激しい運動は最強の薬です。”

ときた。



ポイントは2つあるらしい。

第1のポイントは
 運動することによって、健康を維持し、世間一般よりはるかに若いままでいることができる。

第2のポイントは
 高強度の運動には健康以上の目的がある。
 それは持久系競技のパフォーマンスの向上です。

クーっつ、そうなのかよ。

と感嘆しつつ、まだ実にまではたどり着いていません。







内容は不明ですが、

今晩の20分変化走を走るためのモチベーションとしては十分です。

ヴェイパーフライを履いて

 3:30 1分 4:00 1分 を 10セット で 20分変化走

をしっかり走ってきます。







カエルちゃんも箱入りではなくなりました。

最近はベランダでズームフライ3と共にスタンバっています。



ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








なかなかハードな内容で

読みながらシビレています。

【50を過ぎても速く!】 No.6102

【50を過ぎても速く!】

金曜日に

 ”50を過ぎても速く!”

という本が勧められているのを発見し

速攻でamazonをポチる。

日曜日に郵便受けに届き

ぼちぼち読んでいます。



この本は

世間一般の”ふつうの人”に書かれた本ではない。

世間一般の”ふつうの人”とは

 坐業中心の生活で

 過剰体重であり

 運動する気がない人

のことです。



対象の読者は

 年齢を経ても自分のベストを追求する人

だ。



プロローグが

 それでは、年齢をものともせず、よりよいパフォーマンスを追い求める道を、歩いていきましょう。

と締められているのだ。

 シビレルではないか。







まだ第1章を読んだところですが、このタイミングで出会った

私のために書かれているような本をしっかりと読んで、

これからの人生に役立てていきたい。

また、そこで学んだことを皆にお伝えできるように気を入れて読みます。

 何が飛び出てくるか、お楽しみに。







速く!とか言っておきながら亀の写真

進行方向に池はあるのだけど、どこから出てきたのだろう。

顔を撮ったろう、と前に回り込んだら

気付かれて、防御の姿勢w



ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








在庫が切れると定価の3080円では買えない様子。

せどり屋さんが6000円オーバーで準備しているので
”ピン!”と来た方は
定価で買えるうちに買っておいて。

【ちょっとショックだったこと】 No.5993

【ちょっとショックだったこと】

本を買った。

 2040年の未来予測 成毛眞

何故か届いたタイミングでYouTubeの

 中田敦彦さんがその本に付いて解説している動画

を見てしまった。

ら、

次に本を読んでも、ほとんど動画で見た内容だった。

取り上げられていない部分は、すでに知っているような内容だった。

そこで思った。

本読まなくても動画を見ればエッセンスは吸収できるんじゃない?!



試しに、図書館で予約待ちの

 21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考 ユヴァル・ノア・ハラリ

の動画を見てみた。

だいだいわかった。私には十分。

図書館の予約はキャンセルした。

だってそもそも、

 21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考 ユヴァル・ノア・ハラリ

を1から10まで読んだって、

なんか知ってる、っていう部分は斜め読みモードになってさらーっと読み、

わからない部分はわからない。 字面を読んでも脳みそまで届かない。

それに2日も3日もかけるのであれば、私には動画で十分ではないか。



図書館で今から予約を入れたら50人待ちの

 1分で話せ  伊藤 羊一

の動画を見てみた。

サラタメさんすごい。

本は読んでいないけど、本のエキスは十分に私に伝わった。

早速仕事に使ってみよう。



いや、私が今頃ショックを受けているだけで、
多くの方はすでに知っている世界なのかもしれない。

どうせ本を読んでも
知ってるわ、と流し読みしてしまうような部分がほぼほぼなのだ。

読みたい本を見つけたら
まずその本名で動画やnoteを探し、あれば
本は読まずにその動画やnoteで本のエキスを吸い取る。
きっと他の部分は私はどこかで読んで知っている世界なのだ、と決めつける。

最初動画から入ったが、
noteの方が自分のペースで読めて私には楽。

新しい本はほとんどこの方法で行けそう。
この方法を今後私の新しい習慣として生活に取り入れてみます。



とはいえ、先日紹介した

 奇蹟は自分で起こす―幸せになる1ミリの法則 鈴木 秀子

のようにページをめくるたびにワクワクする本もあれば

最近読んだ本では

 やりたいことを次々と実現する人の心理術 ゆうきゆう

の中の

  もっとも大切なものは「意思」!

で始まる一章を読んで深くうなずくこともある。

どこで何に出会うかは、神のみぞ知る、のよ。
ポコって出てくるのだと思います。

これからも出会いを楽しみにしみじみと読書は続けます。







まだ前半 力がみなぎっていますね。

初伴走と思えない走り

びっくりアップです。

この写真 思わず保存してしまうほどカッコいい

お役目終了

後半伴走者に引き継ぎます。

ゴール 伴走者は笑っていますが、

走りきったランナーさんは流石にきつそうですね。



ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








この本良かったよ。 もう一度おすすめする。


私これ、結構できているのではないか、と思いました。


2月14日の長居公園の様子 30日間でなくなりますので、お友達が写っていたら持っていってください。
https://30d.jp/hiromi102/82
https://30d.jp/hiromi102/83
https://30d.jp/hiromi102/84






【「なぜ」と聞いてもしょうがない。】 No.5984

【「なぜ」と聞いてもしょうがない。】

 奇跡は自分で起こす
  幸せになる1ミリの法則 鈴木秀子

という本を読んでいます。

その中に息子達が小さい頃から私が疑問に思っていた事の答えを見つけました。







子どもって何かとやらかすでしょう。

その時に嫁さんが

 ”なんでそんなことをしたの”

という質問をしてて

私はそばで

 ”そんなん説明できるかいな。大人の私でもわからんわ”

と、思いながらたたずんでいました。



本書では教科書を忘れた小学校1年生に対して先生が

 「なぜあなたは教科書を忘れたのですか」

と聞いたそうです。

 「なぜ忘れたかということがわかっていたら、学校なんかにはきません」

って、幼心に答えたのですって。

それを90歳になっても、学んだこととしてずっと覚えている。



「なぜ」と聞いてもわからないことが人生にはありすぎる。

だから「なぜ」と聞いてもしょうがない。

「どうしたらいいのだろうか」と言いなさい。




そうよ、と思いました。

「なぜ」と訊きたくなるような状況は多々起こる。

そこで「なぜ」と聞いてもしょうがない。

周りから見てわからないから問うのだろうけれど

本人もそこを考えてもわからんし、わからんから答えられない。

「どうしたらいいのだろうか」と問わなければ。

次回どうすればよいかなら考えられる。前に進む。



「本を忘れないようにするにはどうしたらいいですか」

と先生が聞いたら、すぐに

「前の日にカバンに入れます」とか

「家に帰ったらすぐ本をカバンに入れておきます」

と答えたはずだというのです。




だよねえ、だよだよ。



今まで私と同様な疑問を持っている人のわだかまりが

少しでも解けたら、嬉しいです。









野生の王国のような日の出

また生きれる、と思えて、朝は大好きです。



ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで800番台が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








いい本、おすすめ。

【モアイ劇場へようこそ】 No.5923

【モアイ劇場へようこそ】

私達は生まれてくるときに
あなたはこんな風に幸せになります、というシナリオを神様からもらって
地球に生まれてくるのだけれど、
生まれる瞬間に記憶から消えてしまうらしい。

それでもひょっとした拍子にその記憶の端々が反応するから
神様からもらったシナリオに沿って人生を進むらしいのだが、
そのシナリオの
 監督、脚本、主演は自分自身らしいのだ。
すなわち
 私

で、脚本を担当している私は
 こうしてみようと脚本を変えても良い様子

で、主演の私が自分の人生を演じ

監督の私がモニターに写っている私の人生を見ながら
 もうちょっとこうしたらいいんじゃないか、
などと言っている。

変なこと言っていますかね。 まあ、いつものことです。

で、

大切なことを何点か書きましたね。
【1】あなたはこんな風に幸せになります、
というシナリオを神様からもらって地球に生まれてくる
【2】監督、脚本、主演は自分自身

【1】あなたはこんな風に幸せになります、
というシナリオを神様からもらって地球に生まれてくる

私達は生まれる時に幸せになることはすでに決まっている。
あー嬉しい。
安心して前に進めます。

【2】監督、脚本、主演は自分自身
そこまで任せてもらっているなら、ありがたい。
やりたいことをやりましょう。

で、もう一つあって、
この文章を読んでいただいている方はすでに
私の人生(モアイ劇場)の脇役なのです。

現在地球に77億人の人間がいるとして、
私が生きているうちに会える人の数など知れている。
あなたに出会えたのは偶然ではなく、必然なのです。
神様が書いたシナリオの中に含まれている。
お互いに影響を与えあって、それぞれの方の人生に脇役として
ちょろっとだけモニターに写る。
天国に戻ったらお疲れさん会で美味しいご飯を食べながら
 ”あの場面は楽しかったね”
とかきっとやっているよ。

そんなことを考えながら今日も生きています。

 わかった。

だからいつも心の底では、なんとかなるのよ、と思っているのね。

人生、楽しみましょうね。 楽しみましょう。



近所の道端(西高野街道)に落ちている変なもの

石臼か?!



ブログランキングに参加しています。
総合ランキングで3桁が目標です。
気前よくポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。










今日書いた内容はいろいろな本の影響を受けているのだけれど
これとか


これとか

こちらは読んでいると影響が大きくて、かなり怖くなってしまい、実は最後まで読めていない。