【記憶と繋がる】 No.1729

【記憶と繋がる】

“お父さん、お話して。”

“ある時、男の子がお母さんのお腹の中に入っていました。”
“お兄ちゃんがお母さんのお腹に耳を当てるとキックキックしていました。”

“それ、オレのことや。あ、それで今でも布団の中でキックするのかな。”

“そうかも知れんな。”

次男の中でお母さんのお腹の中の記憶と今が繋がった瞬間でした。

 次男の頭の中で何かがスパークしたのだろうな。

ブログランキングに参加しています。
ポチッ ⇒ にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

感謝の勝手紹介です。ありがとうございます。

子どもが育つ“父親術”
◇◆ 読み聞かせに代えて ◆◇
http://archive.mag2.com/0000233760/20081226192000000.html

読み聞かせに代えて子供自身の物語を語って聞かせる、というお話です。
昨夜のお話は、このお話のお陰で生まれました。

【記憶と繋がる】 No.1729」への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    胎児の記憶残っている方いるといますが実感ありますね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    エンスト新さん
    >おはようございます。
    >胎児の記憶残っている方いるといますが実感ありますね。
    -----
    ですよね。
    次男もぴかっ!と繋がったのだろうなあ。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    森の声さん
    >心の中で突然バラバラだった何かがつながることを「悟り」といいます。
    -----
    一つ悟りが開けたな。

    すごいぞ、次男。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    今日9729さん
    >お母さんとご長男さんと二男さんが、つながったのでしょうか。
    -----
    次男自身の母親の中にいた時の記憶と
    次男の現在の行動が
    次男の中で繋がりました。

    いつも話がわかりにくくて申し訳ありません。

コメントを残す