【確定拠出年金 調査2】 No.6466

【確定拠出年金 調査2】

晴れていれば大阪城公園まで行って 2km 3本 走る予定でしたが

午前中に止むと思っていたら

夕方、夜にかけてのほうがよく降るようで、これは

 確定拠出年金を調べなさい

という神様のお告げだと思って、また調査再開です。


 「確定拠出年金」は
 公的年金である国民年金や厚生年金に上乗せして
 老後に備える年金制度のことです。

 おそらく最もトクをする制度

 確定拠出年金の制度を利用して貯金(運用)するならば、
 それは所得を減らす経費(控除)として認められます。

例を上げると
 かけ金の上限は会社員ならば月額2.3万円 年間27.6万円
 つまり年間27.6万円の所得を減らせます。
 仮に所得税率が20%とすると住民税率が10%と合わせて
  27.6 * 30% = 8.28万円 税金が安くなります。

「27万円貯金すると8万円もらえます」キャンペーンと同じこと

普通に27万円貯金しただけでは税金で8万円引かれます。それがない。

 お得さ加減が伝わるでしょうか。 伝われ!!

「かけ金」として貯めたお金は。証券会社が用意したさまざまな運用方法があり
自身で自由に決めることができます。

運用で損をしたくない、という方は銀行預金(定期預金)もあります。
その場合は、上の例で言えば預金しているだけなのに税金が8万円減る
ということになります。

つまり確定拠出年金のメリットは
 【1】かけ金で税金が減る
 【2】運用益に税金がかからない
 【3】運用法を自分で決めることができる
の3点です。(【2】は全く説明していませんが(笑))

デメリットは、
 原則として老後のための備えなので60歳まで解約できない
ことです。

 毎月5000円からできる様子。

私ならフルフルの2.3万円かけたいところですが、
嫁さん、息子達にも口座を作って5000円づつでもやったらどうかな、と勧めてみます。

面倒くさそうだな、と思うでしょう。

皆そう思うみたいで、資格のある方の99%の人はやっていない様子

なんか私慣れてきたな。
抵抗感があまりないわ。

まずはふるさと納税の方が敷居が低いと思います。

何事もチャレンジだ。

なんとかなる & ドキドキが楽しいのよ。





かえるちゃん
カエルちゃんシリーズ第2段 こいつもかっこいい
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村
いつもありがとうございます。



ネタ元の本はこちら

コメントを残す