【お山楽し】 No.5110

【お山楽し】

天川川合ー弥山(テント泊)ー八経ヶ岳ー行者還トンネル西ー天の川温泉

今回は1人ではどうしても無茶をしがちなので

元同僚に声をかけて、一歩も走らない本当の登山



といっても人間急には変われない。

相変わらず私のリュックサックの中に入っている食べ物は

 カロリーメイト

 ミックスナッツ

 圧縮パン



狼平で大休憩の際には

家から凍らせて担いで来てくれたビールをご馳走になり、

頂上でテントを張って、晩御飯を食べる際にはお湯を入れたら食べられる

 ”五目飯”

をご馳走になった。

が、

私はスプーンさえ持っていない。

歯ブラシの柄で食べようかな、と考えていたら

彼のドライカレーがスプーン付きで、そのスプーンを使わせてもらいました。



星を見て、朝日を見て、

朝御飯の際にはコーヒーまで入れてもらい

もう、至れり尽くせり 私からしたら グランピングレベルでした。







相変わらずの天候の不安定さと重い荷物を背負っての天川川合までの長い歩き

を避けたくて、お姉さん方の行者還トンネル西の駐車場に置いている車に

乗せてもらう事を相談したら”OK”の回答を得て、大変助かりました。



天の川温泉まで乗せてもらって、しっかりと温泉で疲れを癒し、

お昼ごはんを食べて、15:25のバスに乗って帰る。







15:15から降り出したゲリラ豪雨でもう一度濡れましたが、

天川川合まで歩いていたら、まだ山道でした。

合羽を着る猶予もなく、道はあっという間に濁流になり、

遭難できるレベルの雨でした。 助かった。



温泉の前にバス停があるのですが、

温泉の兄ちゃんが

“駐車場待ちの車が並んでいるのでバスがここまで入ってこれない。
 呼びに来てくれる事もあるのですが、今日は橋のたもとのバス停まで
 出るのが確実です。”

とのアドバイスを受けたので、意を決してビニール袋を被って豪雨の中に
突っ込み、何とかバスに乗れました。

このアドバイスを聞けた事もまさにラッキー







今回もさまざまな幸運に導かれて無事に帰宅することができました。

本当に感謝しかありません。

いつも気持ち良く旅立たせてくれる家族にも感謝です。

 ありがとう。









唯一私が撮った写真 糞に集まる甲虫たち

休憩中 今回は1人でなかったので、なんやかんや写真を撮ってもらっています

予報の1mmをはるかに超える雨でしたが、寒くもなかったのでこの格好で進む

狼平で水を汲む

足のアイシングも兼ねています。 奥が下流

担ぎ上げてもらったビールをいただく。 幸せだなあ。 こんな楽しみ方があるのね。

テント村 緑で統一されたこの4張りで完結

日の出 太陽は私達に力を与えてくれます

雲海から頭を出す山々

太陽が出るだけで嬉しい

2度目の八経ヶ岳

1年前の奥駈時はここを駆け下りて次に向かいました

星見チーム

帰りますよー

コメントを残す