【図書室の使い方】 No.1146

【図書室の使い方】

“今日、弟くんが人参の皮 むくのを手伝ってくれたのよ。”

“ほう。”

と、思っていたら、

次男 図書室から

“ひとりでできるもん! やさしいやさい料理”

という本を借りていた。

“お父さん、ほら。”

と、長男から差し出された本は

“あそびとスポーツのひみつ カメラ スーパーテクニック”

“釣りの本もあったで。”

“そうか。”

  君達、何かを掴んでいるね。

感謝の勝手紹介です。ありがとうございます。

「七之進流お茶の美味しい入れ方 
 誰も教えてくれない7つのポイント」
 http://www.7noshin.com/110.html

無料小冊子なので長男にプレゼントして
母の日に美味しいお茶を入れてもらおう。

社内旅行で鈴鹿サーキット、合歓の郷に行くので
明日のメルマガはお休みをいただきます。

 いつもありがとうございます。

【図書室の使い方】 No.1146」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    エンスト新さん
    >活用していますね~
    -----
    私が小学生の時にも
    こんな本があったのだろうなあ。

    ぜんぜん気が付かなかったよ。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    リベカ884jpさん
    >本が好きになった子は幸せですね。私は遅咲きだったので羨ましい…
    -----
    遅咲きは、遅咲きの楽しみがありますよ。

    私のランニングもそんな感じです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    のりまきターボさん
    >小学生で、料理の本を借りてくるとは・・・驚きです。将来は料理人かな?
    -----
    興味があるのでしょうね。

    頭の中が覗けて、楽しいです。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ブルターヌ広場 No.2さん
    > 実践教育ほど・・役立つ物はあませんね。

    > 男の料理・・ガンバ^!
    -----
    人参、ジャガイモの皮を剥いたそうです。

    少し早い母の日のプレゼントだったのかな。

コメントを残す