カテゴリー別アーカイブ: 子供観察

【夏に甲子園に行くには】 No.4637

【夏に甲子園に行くには】

“夏に甲子園に行くには桐蔭と履正社に勝たな行かれへんねんで。”

次男のぼやき

その通りでござる。







次男は吹奏楽部

軟式野球部の全国大会はスタンドで応援したことがある。

私も見に行った。



野球部には頑張ってもらって、夏はアルプススタンドで

 ♪狙い撃ち♪

を吹こう。



私は球児も吹奏楽部員も見に行くよ。





ブログ村のサブスリー部門に登録しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

【サッカーっていいね】 No.4633

【サッカーっていいね】

昨日はサッカー部、親子サッカー、卒部式からのOB会

今年も多くのOBが集まってくれました。



最初は同期で集まっていても次第に学年に関係なくチームができて

サッカーを楽しんでいる。

パスを受けるたびに今までの関係性がほどけていって

ただのサッカー好きな人たちの関係が深まっていく。

陸上のOB会との違いを感じていました。



 サッカーって いいよ! 素晴らしい!!





ブログ村のサブスリー部門に登録しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
一度は1位を獲ってみるべ。

【子どもは育つ】 No.4556

【子どもは育つ】

1月3日にサッカー部の初蹴りがありました。

そこに登場した中学生

背は高くなっているし、

速いし、すばしっこいし、ボールを上手に扱うし、

切り替えされたら、お父さんコーチは軽く振られます。

コースが見えたら、遠めでもどんどんシュートを打ってくるし、

脳みその中身も変わって来ているのだろうなあ。

小学校の時から成長した姿を見ることができて嬉しかったです。



その先輩達に対して6年生のリズムある攻撃、

しつこいディフェンス。

6年生も確実に成長している事を感じました。



 6年生の3学期はあっという間です。



一日一日を大切にして素晴らしい6年生として巣立っていってください。





【娘さんに教えられる】 No.4533

【娘さんに教えられる】

ボーイスカウトででクリスマスキャンプに行ってきた友達の娘さん

この寒い中、半袖着て、野営して、マキ割って、火起こして、
辛いことだらけなのに、

なんでそんなに楽しいの、と問う母に

 ”仲間と一緒だから”

と答えたそうです。







私も昨日の60km小走り遠足

何がそんなに楽しいのか?と自分に問うに



練習の時は共に励ましあい、

大会になれば一緒に競い合える仲間の存在しかないです。



それにしても、この娘さん

小6なのに

いいこと言うなあ。





【たたいたらなにかかわる?】 No.4475

【たたいたらなにかかわる?】

サッカー部1,2年と共に一日J-Greenへ



出発前から気になっていたが、

このチーム、いきなり無言でチームメイトをどつく。



なんか言われたら、気に入らん事をされたらどつかな損や、

みたいな空気がある。



あまりにひどいので昼にちょっと話をした。

“君達はここに何をしに来たのか。”

“こんなチームで協力して戦えるのか。”

“たたいたらどうなるの? 思ったとおりになる? なにかかわる?”

私はたたいても状況がよくなることはないと思うで。



1,2年生だから、語彙が少ないのか会話しているかと思ったら

 ”こいつへんたい、へんたい”

って、そんなことを言われて嬉しい子なんて誰もおらん。

言ってる子はその言葉を口から放出したら嬉しいのか?楽しいのか?

状況がよい方向に転がる?



帰る前にももう一話して

今日も丸一日J-Greenで活動だ。



さあ、子ども達、 何かを変えなあかんのちゃう。



君たちの得意な切り替えの能力を発揮したらいいと思う。





おっちゃんは君たちの成長を願いつつ、傍から見てるでぇ。







【兄ちゃんはキャンプへ】 No.4467

【兄ちゃんはキャンプへ】

かなり前から

 テントだ、

 タープだ、

 寝袋だと。

なんやかんや訊かれたが、やっと明日旅立つらしい。



いまどきの若者は車に乗らないようで、

大きなリュックサックに

始発から2本目の地下鉄で旅立つらしい。



今日もブルーシートを訊かれたが

あると思ったところになかった。



若者が旅立つ事には大賛成です。



 どこに行くのかな?





【子供の面】 No.4461

【子供の面】

6年生の弟で幼稚園生がいるのだが、

兄ちゃんの応援にグラウンドに来るとテンションが上がっちゃって

いつも朝礼台の上でわけのわからない歌を歌っていたりする。



強烈な弟やなあと思って兄ちゃんに

“家でもあんなにテンション高いの?”

って訊いたら

“ぜんぜん。”

とのことだった。



昨日たまたま信号でお母さんの自転車の後ろに乗っている弟君を発見



日本語はおもしろいと思うが、ほんまに

 借りてきた猫

のようにおとなしかった。



私は子ども達のサッカーの面を見ていることが多いのであるが、

また参観日などに勉強している顔も見に行かなあかんな。





【コーチ、飲み物無くなった】 No.4434

【コーチ、飲み物無くなった】

“コーチ、飲み物無くなった。”

“そうか。水道の水飲んどき。”

“え”っ!!”







そんな驚くほどの事じゃないだろう。

走っているおっちゃん、お姉さんはおいしそうに水道の水を飲んでるで。

水道の水を飲むのがいやなら、

4Lでも5Lでも自分で飲み物を担いできてください。



 コーチに言っても、何も出てきません。





【兄ちゃん山へ】 No.4393

【兄ちゃん山へ】

“おはよう。”

“おはよー、レポート書けたから、今日授業ないから、山でも行ってくるわ。”

“おお。”



“地図持って行くか?”

“持って行く。”

“食卓に置いとくぞ。”

“ありがとう。”



河内長野駅発9時のバスで金剛山に向かって、紀見峠まで行くらしい。

水は1L持って行くそうだ。

ペットボトル500ml2本にした方が持ちやすいぞ、と言おうかと思ったけどやめた。

コンパスとか、訊くの忘れたけど何とかしよるだろう。



自発的に動く様子を見れるのって、なんかうれしいなあ。