【風に舞った手ぬぐいの話】 No.5588

【風に舞った手ぬぐいの話】

1月2日長居公園で4:15 30km完走してから朝日温泉で身体をほぐす。

その後、長居駅に向かいながら昼食を食べる所を探すが、

流石に1月2日は開いていない。

 腹減ったな、満マルかな

と思いながらふと見ると、

手提げ袋に引っ掛けて干していた手ぬぐいが行方不明だ。

1分くらい立ち止まって考えたが、

空腹の方が勝って、引き返す気にならなかった。

 長いこと使ったし、これも縁かな

などと、勝手に思っていた。



満マルでお昼ごはんを食べて、

ランナーさんもいて少しお話して落ち着いて店を出たら、

次は嫁さんの実家に行く予定だったのですが、

時間に余裕があったので、

手ぬぐいを探す旅に出た。



JR高架下をキョロキョロしながら200m戻って、長居公園通を右折

ちょっと行くと、手ぬぐいさんは自転車などに踏まれて

ぺっちゃんこになって歩道に張り付いていました。

それを拾い上げて、叩いて埃を落とし、愛おしく畳んで、

乾いていたので、翌日の泉州マラソン試走にそのまま持っていってしまった。

りんくうの湯でいい仕事をしました。



私は物を大切にするタイプだと思いますが、

空腹には勝てない、というか、きっと

順番に満たさないといけないものがあって

その順番を取り間違えるとストレスばかりが高まって

結果が出ない、のではないかなと、偉そうにまとめてみました。



 いやいや、ホンマに腹が減っててん。

 ”まあ、ご飯でも食べや”って言う人の気持わかるわ。



箱根駅伝を見ながら安定の満マル御膳

Sちゃんからのハイボールも美味しかったです。






コメントを残す