【コロナの正体見たり、インフルエンザじゃん】 No.5782

【コロナの正体見たり、インフルエンザじゃん】

私の脳みそで考えた
 コロナとインフルエンザはどう違うのか?

私の疑問は3つ

【1】インフルエンザにかかっても無症状の人がいるのでは?

 いる様子
 http://www.virology.med.tohoku.ac.jp/pandemicflu/route2.html

【2】インフルエンザ発症までの潜伏期間にも人にうつすのでは

 感染る様子
 http://www.mashimoto-naika.com/original8.html

このリンクを読んでいたら、インフルエンザもコロナもそう変わらない

インフルエンザも潜伏期間の人間と一緒に宴会をすれば感染る
インフルエンザで死んでいる人もたくさんいる
コロナもインフルエンザも一緒じゃん。

薬がないのか。

【3】なぜタミフルはコロナに効かないの

 別にタミフルがインフルエンザをやっつけているわけではない様子
 インフルエンザもコロナ同様、時間が経てば治る様子よ
 https://npojip.org/sokuho/200323.html

というわけで、私の中ではコロナは落ち着きました。
コロナの正体見たり、インフルエンザと同じじゃん

今後はマスクをしたい人は今までどうりすればいいし、
マスクしない人はマスクしなくても特に問題ないと思います。
(室内で会話する時にはマナーとしてマスクするかな)

なんか私には世の中の騒ぎぶりが芸能人の不倫騒動と同じに見えてきた。

というわけで私は高野山の南側、伯母子峠に泊まりに行ってきます。
携帯の電波も届かない。 静かでよいわ。





伯母子岳の直下の伯母子峠にこんな小屋があって、既に2泊済み

こんな朝日が見れたらいいな



ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
 にほんブログ村
いつもありがとうございます。








【コロナの正体見たり、インフルエンザじゃん】 No.5782」への13件のフィードバック

  1. インフルエンザの薬がなかったら、高齢者をはじめとして、かなりの数の方がなくなると思います。それを良しとするかどうか、ではないでしょうか。

    1. コメントありがとうございます。
      製薬会社も研究し、症状を抑えるための可能性をいろいろな角度から研究している事を認識しました。”効く!”と思い込んで飲む。”薬を飲んだからもう大丈夫”と思えることが大事なのでしょうね。

  2. 連投すみません、そういう問題ではないと思います。日本の風潮だと、(インフルエンザならインフルエンザの薬がなければ)弱者の感染→入院→死亡、それに伴う医療機関の疲弊が起こると思われますが、それをよしとするかどうか、ということです。あなたを含む強い方については、インフルエンザにしても、コロナにしても、かかることを心配していません。そうした人たちが新たな感染源となることは気にしていますが。
    ※弱者が亡くなることをあまり気にしない、弱者への医療について手厚くしない、といったという選択肢もあり得ますが、日本ではそうはならないでしょう。

    1. 返事が遅くなりました。仮定の話が私には理解しにくくて、初っ端の書き込みから
      “インフルエンザの薬がなかったら”となっていますが、インフルエンザの薬がない場合の仮定の話をするのですか。タミフルをはじめ、すでにインフルエンザに効くとされている薬がなかったら、弱者が感染するのですか。薬は感染した後の話で、薬と感染は関係ありませんよね。”インフルエンザの薬がなかったら”を”コロナの薬がなかったら”に読み替えてもPPPさんの伝えたいことは同じなのでしょうか。すみません、なんか頭の中に?マークが浮かんでしまって、うまく考えられないのです。

  3. かみ合わない書き方をしてしまったようで、混乱させてすみません。書き方を変えます。

    コロナがインフルエンザと似ている点があることは同意します。気になったのは、tomonisodatu さんが、「インフルエンザと同じだから大したことない」と思っておられるように感じられることです。

    わたしは、インフルエンザは大したこと、だと思います。インフルエンザでの毎年の死者は、死亡理由がインフルエンザという人だけ(他の病気が主因でインフルエンザにもかかっていた人は含まない)で毎年 3000 人程度います。しかも、予防接種や薬があって、この数字です。

    コロナに、弱い高齢者等が罹れば、インフルエンザ以上に死につながる可能性が高い。

    そう思うと、少なくともインフルエンザよりは、より注意深い行動をとるべき。その点を注意している世間の騒ぎぶりが『芸能人の不倫騒動』と同じとは、私には思えません。

    1. >コロナに、弱い高齢者等が罹れば、インフルエンザ以上に死につながる可能性が高い。
      なぜこのような結論につながるのかが謎です。

      コロナ、インフルの共通点
      【1】陽性で無症状の人は存在する
       インフルは症状が出た人の周りの人の検査は行ってもいない
       コロナはわざわざ検査して、陽性の人の数を数えている
       その中には無症状の人も多い
      【2】症状が出るまでの潜伏期間にも人に感染させる
      【3】そのウィルスを直接やっつける薬は存在しない

      で、
      >インフルエンザでの毎年の死者は、死亡理由がインフルエンザという人だけ(他の病気が主因でインフルエンザにもかかっていた人は含まない)で毎年 3000 人程度います。しかも、予防接種や薬があって、この数字です。

      ・コロナの死者は現在1000人

      ・手洗い、うがい
      ・3密を避ける
      ・室内で会話する時にはマスクをする

      死者はコロナの方が少ない、対処方法もわかってきた。
      ここらへんのことを考え合わせると、マスコミが騒ぎ過ぎな感が
      “私は”します。

  4. 『そのウィルスを直接やっつける薬は存在しない』、『対処方法がわかってきた』の『対処方法』、の意味するところがよくわからないのですが、

    インフルエンザについては抗ウイルス剤があります。これに対してコロナについてはないといっていいでしょう。重篤化しやすい人が罹った時に、この違いは大きいと思っていて、これをもって、『弱い高齢者等が罹れば、インフルエンザ以上に死につながる可能性が高い。』と書きました。この点、違う考えをお持ちでしょうか? なおインフルエンザ抗ウイルス剤は、重篤化しやすい人やその関係者の予防薬としても用いられてきています。

    確かに感染を広げないための方法はかなりわかってきました。しかし必ずしも守られておらず、これだけ騒がれているにもかかわらず感染者数は減っているとは言えません。経済活動を再開したり、緩和をすると増えてしまうのが実情です。

    (ここまで書いてきませんでしたが)対応する患者数が増えた時に医療崩壊が起こるリスクがあります。

    この状況で、騒ぐのをやめて手を放すと、大規模な感染につながると、私は思います。

    マスコミは、こと今回については、政治のいうことを比較的素直に大衆に流していると思います。

    ***

    あとはおまけ。

    これまでは、医と政とで、抑え込みを図ってきて、その点ではまずまず成功してきました。経済は大きな打撃を受けましたが、これは医も同様。不要なのに通院していた人が通院を減らしたためだろうと踏んでいます。

    これもあり、おそらく医が政に、方針の変更を働きかけることになっていくのではないかと見ています。抑えるべきリスクを抑え、かつ、医療業界だけでなく経済全体がうまく回るような方針転換がはかられるといいと思っています。

  5. 抗ウィルス剤はワクチンと考えればよろしいですね。この意見は賛成です。確かにコロナウィルスに対するワクチンはまだ開発されておらず、各国による研究の成果が待たれます。
    私が考えている『対処方法』は感染を広げないための方法です。
    ただ騒いでも、その情報を届けなければいけない人には届かず、一般市民の方を萎縮させてしまうだけな気がするのです。
    これからはコロナ、インフルとともに生きていく、経済を回して行く必要があるという点では同じ気持ちです。

    政府は緊急事態宣言を発令し、StayHomeでじっとしてた。
    友人の言葉を借りると、これは義務教育である。
    コロナについて基本的なことを学んだ。

    政府は緊急事態宣言を解除し、義務教育は終了
    政府は今後、経済を回していくために方針転換を図った。

    今現在もGoToキャンペーンでわちゃわちゃやっていますが
    日本国という船が大きすぎるために舵を切っても、すぐに方向が変わらない。
    しかし進む方向を決めて、その方向に進むように舵取りをしてくれているのだと思います。

    これからは状況を見極めつつ、各自の頭で考え、活動することが大切なのだと思います。

  6. いえ、ワクチンだけでなく、タミフルなどの抗ウイルス剤も考えています。
    ウイルスを増やさないことで、インフルによる重篤化を抑えていると思います。
    それでも、重篤化する人がいるのが実情です。

    新型コロナは、急に重篤化するリスクがインフルより高い。
    このあたり考えると、(こと高齢者などの感染に)より慎重にということは十分理解できます。そしてそうした人が多数出てくると医療崩壊につながる。このあたりのことを考えると、かなり慎重にかじを取るべきと思います。

    各自の頭で考える、というのも、どういう情報がどのように流れてくるかと関係するので、大変難しい。自分勝手に動かれても困るしね。(それが今のアメリカなのではないでしょうか。)

    1. PPPさんは
      ワクチンだけでなく、タミフルなどの抗ウイルス剤があって毎年 3000 人程度死ぬインフルエンザと、何もなくて死者1000人のコロナとどちらが恐ろしいとお考えですか。

      1. 当然、新型コロナですよ! あまりにも当然なので、聞かれてびっくり。いま、日本で、インフルエンザの方が新型コロナよりもこわいという人は何人いるんでしょうか。

        tomonisodatsu さんはインフルエンザの方がこわいのですか?

        致死率が高いこと。無症状の人を計算に含めても。

        そこそこの感染力を持つ一方で、無症状の人もいてステルス性が高く、隔離による制圧が困難なこと。

        急に重症化が進むこと。

        結果、これだけの対応をしながら、死者は 1000 人。医療崩壊と言えるような状況になった病院も少なからずありました。過去、インフルエンザではこうはなってきませんでした。米国も、高額医療費などいろいろ問題はあるのでしょうが、ロックダウンなど、日本以上とも思えるさまざまな対策をとって死者 14 万人です。日本も、ちょっと間違えたらこうなるかもしれません。経済を回すかじ取りは大変でしょう。

        それ以外にも、わかっていないことが多いこと。後遺症。インフルエンザとは違う点も多々ありそうです。

        個人的事情としては、 tomonisodatsu さんにくらべて、おそらく私の方が高齢(50を超えています)でより重症化しやすいこと。また過去、インフルエンザにはよく罹ってきたこともあって、似ている新型コロナにもすぐかかりそうな気がすること。インフルエンザは慣れていて、根拠のない自信のようなものがあるけれど、対新型コロナではそれがありません。

        というようなことで、わたしは新型コロナの方がはるかに、はるかにこわいです。

  7. 東京のみならずも関西でも増えてきています。8割おじさんと山中教授の you tube の動画でも、米国を見ても、日本でも無策であれば今後数十万人の死者が出てもおかしくない、しかし最近はゆるみが見られる、とのこと。インフルエンザとの共通点はありますが違いはありますし、SARS と違い抑え込みには失敗しました。厄介な相手という印象。経済を回したいことはわかるけれど、よく見ながらでないと手痛いしっぺ返しを食らいそう。あながち騒ぎすぎとは言えないと思っています。

コメントを残す