カテゴリー別アーカイブ: 親父からの働きかけ

【やってしまったような気がする】 No.4603

【やってしまったような気がする】

次男が夏からか、秋からか

“3年になったら自転車で通学するわ。”

と何度か言っている。



正月過ぎても言っているので

私は真に受けてしまった。







我がマンションは自転車置き場が決まっていて、
自転車置き場が確保できないと
勝手に置くことができない。







管理人さんに連絡したら、運よく空いていて
自転車置き場は確保できた。







“どんな自転車がいいか、考えとけよ。”

とか声をかけた時の反応がいまいちで、



ひょっとして、私は自分がしちゃダメと偉そうに言っている

 先回り

というものをしてしまっているのではないかと、気が付いた。







彼なりに

 雨や、寒さなどの最近のなんじゃかんじゃや

 定期を手放すことになるなどの

いろいろな状況を考えて判断しようとしているのかもしれない。







自転車置き場は自転車置いていなくても月500円かかるが、

しばらくは様子を見てみよう。

次男が動くまで何にも言ーわない、っと。









【飲み屋では日本酒を】

【飲み屋では日本酒を】

最近、日本酒、日本酒と騒ぎ始めた私。

お酒を飲み始めて30年、やっと日本酒にたどり着きました。

なんといっても半合飲めば感じる事のできる、あのふんわり感

いろいろな味わいの日本酒があって、

チェーンの飲み屋なのではビールを飲むが

店の親父がこだわっているような店では

 親父おすすめの日本酒をおすすめの飲み方で飲みたいなあ

と夢が広がっています。



とりあえずは近所の立ち飲み屋で

 どて焼きと共に (=^_^=)



どんな日本酒を揃えているのかな

と思うだけで、ワクワクしてきたら、立派な日本酒チームの一員ですよね。





【小学生には負けれない】 No.4524

【小学生には負けれない】

1月の堺市民駅伝大会に向けての最終選考会

大泉緑地の本番のコース(1.68km)をタイムトライアル



今年の6年生は走れる子が多く、また努力できる子が多い。

皆で切磋琢磨して競っている感じです。

そして、エースが速い。

私も走りましたが、

必死のパッチで走ってやっとこさ

 2秒

先着できるだけ。

コース上ですれ違う方々に挨拶する、という約束があるのですが、

私よりもエースの子の方がたくさん挨拶していました。



その後の秋季大会の祝勝会には参加できませんでしたが、

「堺市民駅伝大会で優勝して、もう一度祝勝会をしましょう。」

と声をかけました。



次男と同期のサッカー部の子が

現在私の母校で陸上を頑張っているのですが、

 1500mが4:42

さすがに追いつけません。

しかしこの子らが小学生のうちは私も負けないようにスピードを付けますわ。



 白鷺公園で1000mのインターバルの練習があるときは声をかけるから

君達は5本のうち、一本飛ばしの3本でいい

一緒に練習をしましょう。

s-35_n





【物語を生む写真】 No.4404

【物語を生む写真】

宮津遠征 無事に帰ってきました。

お天気にも恵まれて、宮津でこんだけ暑かったら、大阪はどんだけ熱いねん、

というくらいの暑さでした。

今回私はなんちゃってカメラマンをやろうとカメラを持っていきました。

その中でのベストショットはこの2枚

DSCN0097

DSCN0098







子ども達は親元を離れ1泊2日

貴重な経験を山ほどしました。

この写真も会話のきっかけになれば、嬉しいな。





【幸せは何にも感じない】 No.4378

【幸せは何にも感じない】

先週の金曜日は蒸し暑かった。

土曜日から夏になり、
月曜日も暑い。

協力会社の方のフロアのエアコンの室外機が故障で
エアコンをONにしても送風のみだった。

土曜日に修理が入り
今日は正しく動いているはず。

外が暑いから正常に動いていると喜んでいるかな、
と思って訊きに行くと
“そういえばちゃんと動いているような氣がしますねぇー。”
という気のない返事

修理がうまくいかず相変わらず送風のみであれば
不満タラタラ汗ダクダクだったのでしょうが、
普通に涼しければ何とも思わない。





幸せって、今の状況をどう感じるかですよね。

目を瞑って自分に問いかけてみよう。

 ”なぜ私はこんなに幸せなのだろう”





【子どもをのせる】 No.4326

【子どもをのせる】

昨夜の長居ウィンド

私達と共に走りたそうにしている子ども達を発見

私は本に熱中しすぎて気が付けば長居駅の扉が閉まり、出遅れの4:30最後尾



“がんばれよ”と声をかけ、ついておいでとジェスチャー

走りながら

 ”君達はサッカー小僧か?”

 ”いや、野球 これどんな速さ?”

 ”1km4分30秒で走ってるねん。マラソンの練習や。”

 ”ひょえー、はやい。”

 ”プールの入り口まで走ったら1kmやから、そこまでがんばり。”

脱落する子もいましたが、2人は更にペースを上げ、

時計台にゴールする頃には我々の集団を抜き去っていました。







興味がある子たちに対して、更に子ども達を引き込むのは

周りで氣がついた大人の役目ですよね。

私達の人生でもそうだけど、

子ども達の人生なんて、どこでどうなって何で自信をつけて

どう転がるかなんて、自分自身ですらわからない。

子どもの時の方が、可能性の範囲が広いと思うのです。

 積極的に子どもに関わっていきたいなあ。



周りでそんな子に氣が付いたら、うまく子ども達をのせてあげてね。





【備えよう】 No.4305

【備えよう】

九州で地震が続いています。

大きな余震が止らない。



社会、理科で習った中央構造線が頭の中に浮かびます。



昨日は水とカロリーメイトを買いました。

携帯の充電もした。(滅多に持ち歩かないが)



確率が低くても起こるときは起こる。

確率が低いからといって起こるときに弱いわけではない。



 充分に備えましょう。





【原付デビュー】 No.4297

【原付デビュー】

原付デビュー?! だれの?

うちの長男です。

車の免許を取って、原付の免許もおまけでついてきました。

8km離れた実家に餃子を作り、食べに行くツアーに原付で行くと言うのです。



素晴らしいいい機会じゃん。

原付講習会を兼ねる事にしました。



まず駐輪場でエンジンのかけ方を教える。 ウィンカーの出し方も教える。

一度アクセルを回しすぎて ブワーンとなりましたが特に問題ない。

エンジンかけて

“メーター見て、なにか氣が付けへんか。”

“おお、ガソリンがない。”

“よし、ガソリン入れに行こう。”

100m横のガソリンスタンドまで移動

ガソリンの入れ方はガソリンスタンドの案内板が教えてくれる。

最後ちょびちょび足す時に、なぜかボバッと出て

火の氣があれば危ないレベルでしたが、

今も無事に生きているのでOKとしましょう。



私はママチャリで先導

“エンジンかけて追いかけて来いよ。”

“わかった。”

30秒、1分経ってもガソリンスタンドから出てこない。

“あれ?”

と思って戻ってみたら、

“エンジンかからへん。”

と押して出てきました。

“左手はブレーキかけながらじゃないと、セルが動かへんねん。”

“おお、そうやった。”



ガソリン溢れといい、エンジンかからない件といいこれだけ

自分で失敗するとちゃんと学ぶでしょう。

 経験の力ってすごいね。



実家まで無事到着し、まずは安全、無事故でデビューを飾れた事を祝い

ハイタッチしました。



私がママチャリで原付の前を先導し、

左折、右折、ブレーキなどを手で合図する

甘い親だと思いますが、デビューさえ飾れれば、

後は自信を持って羽ばたいてくれると信じています。



実家で車を借りて長男運転で一時間のドライブもした。



 もう一人前やで。 私の伝えられる事の少なさを少し寂しく感じながらも

子どもの成長をしみじみと味わっています。





【ランナーの声】 No.4225

【ランナーの声】

私は走っている間、お話している割合が多い。

最近話題になるのは、”長居ウィンド”改善の件

もう、人が多すぎてスタートに時間がかかり、

キロ5分以降のランナーが走る前にすでにトップ集団は1周していたり、

スタートが遅くなるためにせめて17kmは走りたいのに14kmしか走れないとか、

いろいろな思いを持っている方がいらっしゃいます。



私としては何ができるか?

私案としては5分以降はスタート地点をちょっと場所変えて、

19時10分から5分、5分15秒、5分30秒、5分45秒、6分チームは

順次スタートしたらいいのではないかな。

キロ5分以降のの記録する板に

 ”キロ5分チームは19時10分どこどこからスタートします。”

って書いて告知して、今から1年かけてやれば

来期のマラソンシーズンには、トップチームとキロ5分以降チームが

並行してスタートできるようになればベターなのではないかな。



これはあくまでも私の意見

大阪、近畿、日本、世界に誇る素晴らしい練習会がこんな身近にあるのだ。

皆の意見を出し合って、よりよい練習会になれば嬉しいなあ。